企業側が給与相当額随時払いシステム導入のメリット・無償提供

企業側が給与相当額随時払いシステム導入のメリット・無償提供

給与相当額随時払

こんにちは!畑中です。

 

暗号通貨市場の上昇、下落に一喜一憂していませんか?

 

暗号通貨の価格の変動が気になる気持ちは、充分分かります。
だって自分が一喜一憂してますので。笑

 

ただそれ以上に各暗号通貨企業の取り組みに興味を持つと面白いですね。

 

今回は、前回にちょっと触れた企業側の給与相当額随時払いシステム導入について。

 

自分が聞いている範囲では導入事例も出て来ているとの事。
JobCoinと言うよりも先行して給与相当額随時払いシステムが導入企業で実績を上げて行くイメージです。

 

ただこれは非常に魅力的なステップと言えます。

 

理由は、”既に動き出している“ です。

 

では何故企業は導入するのでしょうか?

 

 


給与相当額随時払いシステムの無償提供

これですね。

 

無償で始められるなら・・ 
かなり敷居が低く導入しやすいです。

 

もちろん担当の方が説明をしに伺うようですし、勤怠管理データに基づきシステム化されます。
ただ無償である反面導入する際に企業側は審査があり通らないと導入出来ません。

 

導入企業での利用に対してそこで働く従業員は審査は必要ありません。
企業側が審査をされるって訳ですね。

 

この給与相当額随時払いシステム導入に大手企業も動いていると聞いています。
今後1年で大きくこのシステムが広がるとも聞いていますが、その理由は?

 

それについてはまた次回お伝えしますね^^

 

PS
給与相当額随時払いシステム導入に興味がある経営者の方へ

 

もし興味がある、もっと詳細が聞きたいと言う方は畑中までメッセージ下さい。
聞いて見ますので。

 

導入従業員規模は、100名以上と聞いています。

 

JobCoin ( Japanコミュニティ / Facebook)
https://www.facebook.com/JPNcommunity/

 

 

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top