ICOCROWD 2019年1月号の見どころを徹底解説!!

ICOCROWD 2019年1月号の見どころを徹底解説!!

ICOCROWD201901

 

足立編集長と、畑中によるICOCROWD・1月号の見どころを解説する対談動画が投稿されました。

 

今回の動画では1月号の見どころと、ICOCROWD主催のセミナーについても触れています。

 

対談内容

 

PumaPay・PumaPayの大きな特徴・プル型決済とは?

 

トレードに特化した税理士・トレードに特化した税理士先生の特集

 

ICOCROWD主催セミナー・ICOCROWD主催セミナー

 

クールジャパンプロジェクト・クールジャパンプロジェクト

 

ドットコムバブル崩壊・暗号通貨投資家がドットコムバブル崩壊から学ぶ教訓

 

ICOCROWD 2019年1月号の見どころ 対談動画 YouTube

 

 

PumaPayの大きな特徴・プル型決済とは?

ICOCROWD201901

 

PumaPay (プーマペイ)は128億円を集めたプロジェクトで、決済のトークン。

 

EOS(イオス)やTelegram(テレグラム)など大きな資金を集めた所はあるが、その他で100億円を超えたプロジェクトは少ないです。

 

日本では12月に200人規模のミートアップを開催するなど精力的に活動しています。

 

 

2018年12月28日付けでコインマーケットキャプの時価総額ランキングでは183位。

 

相場全体が下がっている現在ですが、この先、相場が上昇した時に価格が戻っていく暗号資産の一つになる可能性はあります。

 

 

PumaPayの大きな特徴として、プル型決済という部分が上げられます。

 

 

決済にはプッシュ型、プル型とあり、PumaPayはプル型決済を初めて導入した暗号資産です。

 

プッシュ型はこちらから先方に現金を渡したり、ビットコインを送金したりするタイプ。

 

プル型はシンプルに言うと引き落とし。

 

銀行口座から公共料金や家賃などを引き落としで決済されている方も多いと思いますが、そのイメージです。

 

 

そして以外な所でもプル型決済になるものがあります。
・月々の分割払い
・デビットカード決済
・Suica等チャージ式のもの

 

それを暗号資産で行うのがPumaPayです。

トレードに特化した税理士先生の特集

ICOCROWD201901

 

1月号ではトレード系に強い税理士先生の特集記事が掲載されています。

 

まだまだ暗号資産については税理士が追いついていない状態。

 

今回インタビューした税理士先生は投資に特化しているため、今後の税に関する展開、気を付ける部分はなんとなく読めているとのこと。

 

今の税の制度、税務処理の状況などについて話されています。

ICOCROWD主催セミナー

ICOCROWD201901

 

11月は大阪、東京の2都市で開催されたセミナーでしたが、
今回は4都市でセミナーを開催します。大阪、東京は税理士先生も登壇されます。

 

・1月31日(木)  18:30〜20:30
福岡県博多市博多区中洲5-3-8
アクア博多会議室B

 

・2月1日(金)  18:30〜20:30
名古屋市中村区名駅4-5-27 大一名駅ビル4階
名古屋駅 オフィスパーク 名駅プレミアホール 403AB

 

・2019年2月2日(土) 13:00〜15:30
大阪府吹田市江坂町1-13-41 SRビル江坂
JEC日本研修センター 江坂 大会議室A

 

・2019年2月3日(日) 13:00〜15:30
東京都品川区東五反田2-3-5
五反田中央ビル 五反田ソニー通り店4階Aホール

クールジャパンプロジェクト

暗号資産について、やや遅れをとった感がある日本。

 

クールジャパンプロジェクトでは、世界の流れに乗り遅れないよう海外で頑張っている日本のプロジェクトを紹介します。

 

今回は2つの企業をご紹介。

 

海外の投資家向け、海外での資金調達をしているプロジェクトです。

暗号通貨投資家がドットコムバブル崩壊から学ぶ教訓

ドットコムバブル=ITバブル

 

暗号資産バブル、ブロックチェーンバブルは過去のITバブルと似ているという方は多いです。

 

ITバブルは崩壊しましたが、インターネット自体はその後に社会に浸透し、生活に根付き今やかかせないものとなっています。

 

インターネットも昔は速度が遅く、データの送れる量も決まっていました。

 

現在は買い物、動画鑑賞、さらには電話、ビデオ会議もインターネットを使ってできる世の中。

 

ブロックチェーンバブルは一度崩壊し、技術もまだまだこれからです。

 

同じ流れをたどれば、ブロックチェーンも社会に根付く事になります。

 

ICOCROWDセミナー年間購読者は1000円
一般参加者は3000円
http://currypt-ico.com/l/c/0bmoUUPk/mrNEDURq

 

ICOCROWD年間購読はこちら
http://currypt-ico.com/l/c/z0l5RXmf/mrNEDURq

 

公式サイト https://ico-crowd.jp/

 

Twitter https://twitter.com/ico_crowd

 

Facebook https://www.facebook.com/ICOCROWD.JAPAN/

 

*動画
https://www.youtube.com/watch?v=HDML5OegfVk

 

 

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top