幕張 ブロックチェーンカンファレンス特別対談企画・第2回デジ通、野村代表

東京(幕張メッセ)ブロックチェーンカンファレンス【特別対談 Vol.2】デジタル通貨通信(デジ通):野村代表

デジタル通貨通信(デジ通):野村代表と畑中真琴の対談動画です。

今年のテーマは「地球環境をブロックチェーンが改善する」
幕張メッセで、5,000人規模!参加企業200社で有名ところも参加予定!
チケットの先行販売(2,000円)はこちら。(110円は決済手数料です。)

 

 

今回は「デジ通(デジタル通貨通信)」の野村代表と2018年12月8日に行われるカンファレンスについての対談です。

デジ通野村 幕張メッセ

デジ通は、暗号通貨の初心者から上級者まで楽しめる雑誌。

 

これから暗号通貨を始められる方も読みやすい内容が多く、
読みやすい作りが特徴な雑誌となっております。

 

デジ通公式サイト
http://dejitsu.jp/

 

デジ通公式Twitter
https://twitter.com/dejituu

 

デジ通公式Facebook
https://www.facebook.com/dejitsu.jp/

 

デジ通年間購読
http://dejitsu.shop/link.php?id=N0000003&adwares=A0000002

ブロックチェーンカンファレンス 幕張
今年のテーマは「地球環境をブロックチェーンが改善する」
幕張メッセで、5,000人規模!参加企業200社で有名ところも参加予定!

 

チケットの先行販売(2,000円)はこちら。(110円は決済手数料です。)


ベトナムと日本での対談

 

こんばんは。暗号通貨情報局の畑中です。えーと今回第2回目となります幕張メッセで行われますカンファレンスの件に関して、今回は「デジタル通貨通信」通称「デジ通」の野村代表に来ていただいてますので、野村さんよろしくお願いいたします。


 

はい、よろしくお願いいたします。こちらはですね「こんにちは」になるんですけども僕の方がですね


 

何されてるんですかそれ?お昼ですよ。


 

そうですね、今ベトナムの方に来てるんですけど、けっこうですね僕の方が仕事でベトナムの方に、えーと来る事が多くてですね


 

はいはいはい


 

来る事が増えてですね、あの毎回来るとですねベトナム人に間違えられて道案内をお願いされるという事が多々あるんです。


 

もう現地人になりつつ(笑)


 

そうですね。まだちょっとかっこつけた感じなのですけど(ジャケットをアピール)Tシャツでいるとですね、現地人に間違えられるという。


 

溶け込んこんでるという(笑)


 

そうですね。はい。よろしくお願いいたします。


カンファレンス共同主催者・デジタル通貨通信(デジ通)

 

そんな野村さんですけども。えーっと、デジタル通貨通信ですね。


 

はい。


 

今日届きました。野村さんありがとうございます。これですね。デジ通さん(カメラにデジ通を見せる)。


 

あ、ありがとうございます。


 

もう走り回ってますよね、野村さんはいろんなところへ。発行人のね、皆さん裏っかわにある名前、野村さん。見えへんこんな。もう控えめな方です野村さん


 

はい。編集長に、おいやられている感じ


 

おいやられてますよね(笑)デジ通の代表ということで、今回あのー、幕張メッセのあれ何になるんでした?スポンサーでしたっけ?


 

えーとですね。


 

共同主催?


 

そうですね、はい。共同主催をさしていただくという。


 

あ、出てますね(デジ通広げる)


 

うですね、JobCoinさんとICOCROWDさん、我々デジ通と。この3社ですね。この3社でやらせていただく形になります。


 

はい。この前、足立さん出てくれたんですけど、なんかもうカッチカチのトーキングやったんですけど、それご勘弁でお願いします(笑)


 

僕の方もですね、そうですねカンファレンスの情報とですね、笑いを届けるように頑張っていきます。


 

よろしくお願いします。あ、僕の宣伝もしといて良いですか?。


 

あ、ぜひ。


 

あ、笑いを。皆さん、野村さんにわがまま言ってコラムの方、書かしていただいてますのでデジ通さんの方どうぞよろしくお願いします。ちなみに暗号通貨情報局のQRコードを貼ってたんですけど、けちって無料のQRコード使ってたら期限切れでQRコードが読み取れないっす。


 

はい。


 

残念ながら。


 

はい。ありがとうございます(笑)


 

まぁ、そんな事もありながら(笑)


 

笑いをいただきました、ありがとうございます。


デジ通の全貌

デジ通の全貌

 

いえいえ(笑)じゃあ、野村さんの方からちょっとデジ通の全貌ですね、ICOCROWDさんはこの前いただいたんですけども。デジ通さんの全貌を「どんな感じでやられてるか」ていうのだけお話していただけますでしょうか?まぁ、そんな事もありながら(笑)


 

はい。ありがとうございます。えーとですね、デジ通はですね、今年の4月に発行させていただいてからですね、暗号通貨やブロックチェーンに特化した「暗号通貨専門雑誌」になります。
主にですね、雑誌を主体として情報提供をさしていただいております。
我々「デジ通」がですね、ターゲットにしている層としてはですね、まず初心者層ですね。
そもそも発行するきっかけになったところがですね、僕が地方出身という所もあって、暗号通貨の買い方が凄く混雑してわからなかったりとかですね。
今もやっぱり聞かれたりするんですけど、取引所をどうやって開設したら良いのかとか。


 

あぁ〜。


 

やっぱり詐欺とかも凄く多いっていう所もあって。暗号通貨のしっかりした情報であったりとか基礎情報、マイニングとかですね。カンファレンス情報、ミートアップ情報などですね。暗号通貨に関わる情報一つ一つ丁寧に紹介できたらなという思いでやらせていただいてます。

 

我々としては初心者の方にもですね、手に取りやすいような形でという事で「暗号通貨女子」とかそういうコーナーを特集でさせていただいています。JobCoinのコーナーでも栄木さんであったりとか


 

はい


 

皆さんが認知度高められるような事をやっていけたらな、と思っています。またデジ通として独占インタビューなどもさせていただいてですね。


デジ通の全貌

 

うん。


 

暗号通貨買う場合、どうしてもですね、プロジェクトの開発者であったりCEOに会う事ってなかなか難しいと思うのでですね。


 

うん。


 

僕たちの方でインタビューをさせていただいたり、また聞きたい事であったりをより明確に聞いていくっていう事やって理解を深めていくような形になります。


 

あぁ〜。


デジ通はどこで買える?

 

よく言われる事なんですけど、じゃぁどこで買えるのか?というようなお話なんですけど。


 

はい。


 

都内ですとファミリーマートでさんですね。あとは書店さんであったり。書店さんも流通をどんどんふやしておりますので。またオンラインですとAmazonであったり。電子書籍であればキンドルさんで買う事ができます。


 

あ、書店で買えるんすか?


 

あ、いま書店で買えますので。


 

へぇ〜。


 

今後どんどん書店も増やして行こうと思ってます。


 

ほ〜なるほど。


 

ファミリーマートさんの方で「ファミチキ」と「デジ通」を買っていただけたら定価でかえるんですね。はい。何もありませんので(笑)


 

はは、なるほど(笑)


 

笑いはなかったような感じですね、すいません(笑)


 

ファミチキがもらえるわけではない?


 

ファミチキはもらえないですね(笑)


 

ファミチキとデジ通よろしくお願いしますという事で(笑)


 

そうです。よろしくお願いします。


 

ま、ファミチキも結局、買えよという事ですかね。


 

そうですね、畑中さんからお話あったように、今日ちょうど20日なんですけどデジ通が発売されました。


 

はい。


デジ通のカテゴリーは様々

 

デジ通の、今回の内容といたしましては…


 

これですね、モジュール


 

そうですね、モジュールさんから紹介させていただくとモジュールさんは今までも紹介させていただいているんですけど。
分散型ストレージサービスの展開を目指しているプロジェクトになりまして。
来月、台湾の取引所「ビトプロ」さんの方に上場が決まっております。


 

ほう。


 

そちらの近況状況などをインタビューさせていただいてて、内容は盛り沢山となっております。


 

へぇ〜。


 

日本でもコインチェックさんのハッキングの時に話題になったXEMさんであったりとか。XEM財団の元代表であるロン・ウォン氏の独占インタビューを収録させていただいておりますので、ぜひ一度、手に取っていただいて。
また、初心者の方もわかりやすくビットコインや暗号通貨ってなんなんだろう?ていうコーナーもありますので。ぜひ読んでいただきたいなと思っております。


 

はい。


 

また畑中さんのコーナーであったり。


 

あ〜僕のね。いつ書いたか忘れるくらいなんですけどね。


 

はは(笑) 暗号通貨市場がもう本当にスピードが速くてですね。


 

そうなんですよ、ちょっと雑誌っていうのの難しさはそこですよね。スピードが速くて。う〜ん。


 

そうですね。


 

発売された頃に、変わってるとかもあると。


 

う〜ん、そうですね。なのでこういうYoutubeであったりですね、ウェブであったりとか、上手く活用して今度サービスの方を展開できるような事を目的としてますね。


 

はい。ありがとうございます。


 

はい。


 

で、地方出身と仰られていましたけど、やっぱりベトナムとかその辺になるんですか?


 

えーとベトナムの地方の…あ、ちょっと違いまして(笑)


 

ちょっとちがいますか(笑)


 

山口県ですね。


初心者向けの内容も入れたきっかけ

 

山口県!山口県となると、取引所って言われてもわからないような感じですかね。


 

山口県で事件があったのがですね、知人なんですけどビットコインを買ったというので見て見たらビットコインキャッシュだったという…。


 

なるほどなるほど。


 

ビットコインとビットコインのキャッシュ。何が違うんだとかですね。


 

確かに、わからないかも知れないっすよねぇ、その辺は。今わかっている人でいったら「マニア」みたいな感じになっちゃいますよねぇ。


 

そうですねぇ。なのでこの辺に関しても初心者の方にわかりやすく。
また上級者の方にも理解を深めていけるように、なかなか難しいんです。


 

はい。


 

この辺もコーナー別で分けたり我々の方としても、より広く読者に伝わるような流れを作っていけたらなと思っております。


幕張メッセでのカンファレンス

 

了解です。ありがとうございます。そしたら、あの〜幕張メッセのカンファレンスですけども。まぁデジ通さんも共同主催という事で加わりまして。この前、足立さんの方にはまぁ、始まりの状態をお聞きしたんですけど。


 

はい。


 

まぁ、何週間か経ってますんでそれ以降の展開みたいな、どんな風な進み具合になってるのかなぁ、ていうのをちょっとお聞かせ願いますか?


 

わかりました。今、このタイミングで見られる方もおられると思うんで。あらためてご紹介させていただきますと。


 

はい。


 

「Fintech&BlocchainConference in東京2018」を開催させていただきます。


 

そうそう、それ。それ言われへんかってん(笑)


 

あ、難しいですよね(笑)3回くらい練習しました。


 

練習しました(笑)ありがとうございます。


 

ありがとうございます(笑)


 

幕張カンファレンス(笑)


 

幕張カンファレンス(笑)はい。日本のみならず世界の暗号通貨、ブロックチェーン企業を一度に集めて。なかなか集まる機会っていうのもありませんのでね。
その辺をしっかり大きいプロジェクトとして一同に集めるのを予定しております。
今、200社を予定しております。去年も12月に暗号通貨の時価総額が上がるタイミングがあったと思うんですけど、今年はこのカンファレンスを皮切りに、暗号通貨の時価総額が上がったと言われるようなカンファレンスを開催したいなと思っております。


 

あぁ〜。


 

また、このカンファレンスのタイミングで、大型発表をしていただけるような企業さんもありますので。


 

はい。


 

ウェブであったり雑誌で見るっていうのも凄い大事なんですけど。実際、足を運んでいただいて、見て行くっていうのも凄い大事だと思っております。


 

そうですね。野村さんが仰ってたあらゆるCEOであったり代表の方にインタビューされているじゃないですか?


 

はい。


 

それを直に皆さんが、インタビューじゃないですけども直接お話する機会っていうのがカンファレンスですよね。


 

そうですね、大事なお金を投資していくとかですね、実際実用化させていく上でも開発がどれくらい進んでいるのか、なかなかウェブであったり雑誌では伝わりにくいっていうのがありますので。


 

うん。


 

開発陣であったりチームの方に実際問いかけてみるとかですね。


 

う〜ん。


 

カンファレンスの魅力だと思っています。


 

人柄もね、見れますしねぇ。いろんな。


 

そうなんですよね。入場料に関しても他のイベントだと高いものだと数万円するようなものもありますけど。暗号通貨がまだわからないとかですね、今から買っていくよっていうような方とか、そういう方も寄ってみようかな?というようなイベントにしたくてですね。


 

はいはい。


 

先行申し込みの料金としては2000円(2018年10月21日現在)で販売しておりますので。ぜひ、お申込みいただけたらなと思います。


 

一日中いてね、映画並みの安さという事なんですけど。


 

お得なイベントになるかなと。我々としては、ちょっとこれ大丈夫かなと(笑)


 

ははは(笑)


 

収益(笑)


 

収益的なとこ(笑)


 

はい。


 

それよりも広げると。


 

そうですね、今、一番大事なのは暗号通貨のしっかりとした情報であったりとかですね、ブロックチェーンがどのように使われていくか、その辺が大切だと思っていますので。


 

野村さんが熱心に話てくださっている傍ら、こちらからも熱心な声が聞こえてるんですけども。多分、今、選挙の最中で…聞こえてます?


 

はは(笑)


 

これも熱心ですよね〜選挙の活動も。


 

あ、チラッと聞こえてます。


 

チラッと聞こえてます?


 

はい。ベトナムの方はですね、下でクラクションがひたすら鳴っておりました。


 

ほんまですか、じゃぁ大丈夫かな、どっちもどっちなんで(笑)


 

はい。


 

カンファレンスに参加する企業とかぼちぼちわかってたら、ピックアップしていただけるとありがたいかなと思うんですけど。


 

まずCROSSさんですね、CROSS exchangeさん。


 

日本の…?


 

はい、CROSSさんはブロックチェーン技術を使って世界中のあらゆる不動産商品、サービスをデジタルコインと交換できるような分散型価値交換プラットフォームを作って行くようなプロジェクトになります。


 

はい。


 

本日10月20日、秋葉原にてCROSSさんがイベントを開催されていたり精力的に動いているプロジェクトで。デジ通のVol5の表紙をしていただいたり。


 

はいはい。


 

魅力的なプロジェクトだと思います。


 

うん。


 

他にも暗号塚決済サービスのFuzeXさんであったりとか。


 

はい。


 

ビテックスさんであったり、メディカルチェーンさん


 

医療の


 

はい、医療の。Vol7で表紙をさせていただきましたModuleさん


 

Moduleさん。はい。


 

ビットプロさんの方に上場が決まっておりまして。


 

はい。


 

進捗具合も7割くらい進んでいるというような事でですね、年明けからテストも始まるようなお話なので。凄いおもしろいなと思っております。


 

うんうん。


 

日本でも、なじみがあるLiskさん。


 

あぁ〜。


 

こちらの方も決まりまして。


 

Liskはカンファレンスの後、一気に上がりましたもんね。


 

そうですね。このタイミングで何か発表してれるかも知れないですし。


 

はぁ〜。


 

まだ来ていただけるかわからない状態なので。


 

はい。


 

日本でもLiskさん力を入れて行きたいという事だったと聞いておりますので。


JobCoinの大型発表?

 

JobCoinさんもまた大型の発表があると聞いているので。
そちらの方は畑中さんにお願いできたらなと。


 

大型発表?


 

はい。


 

こうご期待ということで。


 

はい。


 

あまり言いすぎると怒られてしまうので。でもJobCoin自体はもう、直近では韓国でもあらゆる暗号通貨業界にミーティングをして回ったりという風に聞いてますし。やっぱりこう、主催者なのでカンファレンスに向けて。一気にね、皆さんがいいような感じになるように動かれてるという、そういう風な現状ですね。


 

うん。


 

僕の宣伝もしといていいですか?


 

はい、お願いします。


 

僕自身、暗号通貨カスタマーセンターっていうサポートサービスをね、行ってるんですけども、そこもちっちゃく出店させてください、という事です。野村さん。


 

こんな感じで


 

出ない出ない(笑)


 

あ、でないです?(笑)


 

ブースの一角に、僕がいたり野村さんがいたりというね、形なんで。
ぜひ皆さんお越しください。という事ですね。Liskで言ったらネット上であったり雑誌であったり出てますんで、まぁマックス氏ですよね。


 

はい。そうですね。


 

本物と会えると。


 

そうですね。また僕の方でも今、交渉段階なんですけど…。


 

はい。


 

おぉー、と言われるような企業さんであったり、どんどん交渉しておりますので。


 

はいはいはい。


 

ちょっとまだ公表はできない所っていうのは凄いあるんですけど。


 

了解です。


 

期待していただけたらな、と思います。


 

そしたら、現状は今、さらに暗号通貨企業が決まっていってる、ていう段階ですね。


 

そうですね。また決まった企業は畑中さんに発表していただけたらな、と思います。


 

ありがとうございます。


 

はい、いろいろと僕たちの方も今から年末に向けて12月8日に向けて頑張って行こうと思いますので。


 

はい。


 

またですね、いろいろと発表できたらなと思います。


 

じゃあもう今回は以上ですかね、あの野村さんに聞きたいんですけど、僕、何分間撮れてるかが良くわかってないんですけど。


 

あ、僕も今ちょっとわからないんですけど、こちらの時間だど3時5分なので…


 

けっこうな収録なんで、これを見てる人は誰もいないという事で。はい(笑)


 

そうですね。最後のお話になると、毎月ベトナムに仕事で来てるんですけど。先ほど畑中さんに送らせていただいたのがで、今年ベトナム航空のビデオに「ビットコイン」というDVDというのがあって。


 

おもしろくなって来てる?


 

そうですね、知識というか盛り上がりはあってですね。僕も読んで勉強してみようと思ったんですけども、英語でですね、内容がわからず寝てしまった。というような件が…。


 

あぁ〜。難しいですよね。


 

お伝えできることは、ないんですけど。


 

ベトナムではビットコインの映画がやってるよ、と。映画ですか?


 

いやDVD(笑)


 

わかりました(笑)


 

内容はよくわからないという。


 

では、お時間そろそろなんで。ありがとうございました。


 

ありがとうございました。


 

最後に一言、動画をご覧の皆様にメッセージを。


 

はい。今、暗号通貨市場はKYC問題であったり取引所の問題であったり、動きっていうのが停滞しているように見えるんですけど。僕から見てみると暗号通貨市場はですね、今インフラを整えている段階だと思っております。その中でプロジェクトとしてしっかりしたプロジェクトは今も進捗してますので、そういうことろをしっかりと我々としては、ピックアップしてカンファレンスにも招待させていただいて、皆様の元に届ける事ができたらなと思っておりますんで、今後とも引き続きよろしくお願いいたします。


 

わかりました!それではまた野村さん、機会がありましたら、動画の方よろしくお願いいたします。今日はありがとうございました!


 

よろしくお願いいたします。失礼いたします。


 

失礼いたしまーす。


フィンテック&ブロックチェーンカンファレンス in 東京 2018

ブロックチェーンカンファレンス 幕張
今年のテーマは「地球環境をブロックチェーンが改善する」
幕張メッセで、5,000人規模!参加企業200社で有名ところも参加予定!

 

チケットの先行販売(2,000円)はこちら。(110円は決済手数料です。)

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top