ブロックチェーン カンファレンス 幕張メッセ 東京 2018年12月8日 特別対談・Vol.1

東京(幕張メッセ)ブロックチェーン カンファレンス 2018年12月8日特別対談・Vol.1 ここだけしか聞けない情報満載

ICO CRCOWD・JAPANの足立編集長と畑中真琴の対談動画です。

今年のテーマは「地球環境をブロックチェーンが改善する」
幕張メッセで、5,000人規模!参加企業200社で有名ところも参加予定!
チケットの先行販売(2,000円)はこちら。(110円は決済手数料です。)

 

 

足立編集長と畑中の話題は2018年12月8日・千葉 幕張メッセでの大規模のカンファレンスに移ります。

幕張メッセ ブロックチェーン カンファレンス

昨今のカンファレンスは、開催する自国の企業を呼ぶという形式がほとんど。

 

「自国企業のICO紹介」のようになっているカンファレンスもあり、その手のカンファレンスとは一線を引くようです。

 

今回行うカンファレンスはグローバルな人材を使い、偏りなく世界中から企業を呼ぶことが可能。

 

時価総額が上位の「普通は来ないような暗号通貨企業」も来日。

 

そして世界の有力企業に「日本だったら、このカンファレンスに出ておけば認知度は上がる」と説明しているようです。

 

カンファレンスの名前が


FINTECH & BLOCKCHAIN カンファレンス in TOKYO 2018

ICO CROWD amazon

これは歴史に名を刻むカンファレンスになる事は間違いありません。

 

入場料やブースの出店料については

 

「入場料は数千円、出店料も他の半分以下」とするようです。

 

NYの有名なカンファレンス「コンセンサス」の入場料が20万円、日本のカンファレンスでも5万、安くても1万円が相場。

 

「カンファレンスで儲ける」というのが一般的なのに対し「より多くの人に暗号通貨を知ってもらう」と意味で低価格で開催するようです。

 

今回、動画はVol.1となっておりますが12月8日までまだ日にちはあります。

 

進捗状況など、Vol.2で話せていただけるかも?

 

という流れとなっています。

 

千葉・幕張メッセで200企業を呼び、5,000人規模のカンファレンス。

 

これは世界からも注目されるイベントなるでしょう。

今年のテーマは「地球環境をブロックチェーンが改善する」
幕張メッセで、5,000人規模!参加企業200社で有名ところも参加予定!
チケットの先行販売(2,000円)はこちら。(110円は決済手数料です。)


カンファレンスの日時や詳細は?

 

ICOCROWDさんとデジ通さん、ジョブコインが共催でカンファレンスが行われるとのことですが、日時とか詳細を教えて頂けますか?


 

規模はお客様を5千人以上、暗号通貨企業を200社くらい呼ぶ予定で、開催場所は幕張メッセを予定してます


 

幕張メッセってのがまたカッコいいですねー(笑)


 

多少は遠いってとこはありますが(笑)、それだけの人数を集めるとなると大きい箱(場所)が必要になりますので、まぁ、よくあるホテルの一部でやるようなカンファレンスが日本では多いですけども、ちょっとそれではスページが足りないのでね


 

どちらかと言うと数あるカンファレンスの1つというよりも、お祭りのような感じでカンファレンスを開きたいなと


 

2018年の集大成、1年間を締めるくらいのイメージですかね


 

そうですね。1つの一大イベントという形で開催できたらなと思ってます


カンファレンスに参加する企業は?

 

足立編集長はあらゆるカンファレンスに出られてるじゃないですか


 

はい。


 

やっぱり、規模によって参加する暗号通貨企業ってのは変わって来てますか?


 

主催団体によりますよね。例えば、香港のカンファレンスですとやっぱり香港とか中国とかのプロジェクト(暗号通貨企業)が多かったりだとか、東欧系のカンファレンスですと東欧ですね。ロシアとかそっちのプロジェクト(暗号通貨企業)が多かったりだとか、偏りは結構ありますね


 

あぁ。じゃぁ今回、日本やったら日本って感じになりますか?


 

皆さんそう思いがちなんですが、日本ってプロジェクト(暗号通貨企業)少ないじゃないですか


 

少ないっすね。200社いけますか?(笑)


 

私どもグループの中でカンファレンスを企画してるんですけども、それぞれグローバルな人材がおりますし、あとは色々な方面にお声掛けをしているので、まぁ、逆に日本だからこそ偏りがなくですね、イギリス、ヨーロッパとアメリカ、中国の方ですね。その辺がメインの国になると思うんですけども、そういった所から垣根なく企業を呼んで開催したいなと思っています。


 

やはり、企業側に対しても、これ一大イベントなんだよ。とその辺にあるカンファレンスとは違うんだよ。と普段日本のカンファレンス出ないとしても、このカンファレンスだけ出ておけば日本の皆さんに認知度が上がるよ。というような説明をしています。


 

やっぱり一番気になるのがまだ上場してない暗号通貨企業・ジョブコインというのも一緒に開催というので、凄い新しい形というか、面白いなぁという風な感じで、その辺でグローバルな感じになっていくんでしょうかね


 

そうですね。そういった効果も期待していますね


カンファレンスの正式名称は?

 

で、そのカンファレンスの名前がフィンテック&ブロックチェーンカンファレンス in 東京 2018ですか?


 

はい。そうです


 

ちょっと覚えれないですね(笑)


 

おほほっ(笑)


 

幕張メッセのカンファレンス!


 

ブロックチェーンとフィンテックというのは切っても切れない間柄ですから、まぁ、言ってみれば、ブロックチェーンやビットコインもフィンテックの1つなので、今回はそのブロックチェーンだけにかかわらず、他のフィンテック関係の企業さんも参加して頂けるようなカンファレンスですね。


 

あぁ、フィンテック関係もですね


気になるチケットの料金や販売時期は?

 

これ、そろそろチケット販売は始まるような感じですか?


 

そうですね。もう1つこのカンファレンスの特徴というか趣旨をお伝えしときたいんですが


 

はい。


 

よくあるカンファレンスって、入場料4万円とか、5万円とか


 

20万円とか。凄いですよね、汗


 

日本のカンファレンスでも3〜4万円したりとか、安くても1万円とか、そういうカンファレンスばかりなんですけども・・・


 

今回、私どもカンファレンスを開催する趣旨というのが、多くの人々にブロックチェーンや暗号通貨を知ってもらうということが目的なので、このカンファレンスで利益を出すということは考えてなくてですね。


 

そういった流れから、入場料は数千円


 

おぉ〜(驚)


 

既に告知をし始めてるところで、先行販売で入場料は二千円になります。


 

幕張で二千円ですか!(驚)


 

大丈夫ですか?(笑)


 

これだけ大きい企業を呼んでますけども、二千円です。


 

でも、逆を言えば、今までのカンファレンスは主催側はとんでもなく儲かっていたということですかね。


 

そうですね。まぁ、カンファレンスを商売としてやってればそうなりますけども


 

私たちのカンファレンスの趣旨というのが、より多くの人に暗号通貨を知ってもらおうと、今まで暗号通貨に関わってない方にも来て頂いてより多くの人に知ってもらうという趣旨なので、まぁ、大丈夫かと言われると、ちょっと心配なところもあるんですけども(笑)


 

(笑)


 

募金活動もやるつもりでいるので、先行販売はチケット二千円、ただやっぱり徐々に上がっていく形になるので、早めに申し込んで頂ければと思っています。


 

5000名!


 

ただ、(徐々に上がると言っても)これが1万円になるとかそういうレベルではないので


 

あとは企業側にも沢山来てもらいたいってのもあるので、出展費用っていうのも、まぁ、これは一般の方に言うことではないので詳細の金額は伏せておきますが、一般のカンファレンスの出展費用の半分以下だと思います」


 

あぁ、なるほど


 

そういったところの採算度外視のカンファレンスを開く予定です。


カンファレンスのポイントまとめ

 

ポイントとしては、幕張メッセという大舞台というのと、採算度外視という2点が、全く今までのカンファレンスとは違うというところですかね。


 

そうですね。


 

あとは私どもICOCROWDだけではなくて周りのグループ全体で活動をしていますので、そのネットワークを利用してですね。普通のカンファレンスでは来ないような企業、暗号通貨の時価総額ランキングでも上位の方を占めている。そういった企業も呼ぶつもりで今お声掛けをしているので


 

あぁ、そっちですか!ほんと、良い意味でのお祭りですよね。


 

そうですね。よくあるカンファレンスって大体ICOやってる企業さんばっかりじゃないですか。


 

はい。はい。


 

そうすると、皆さん大体知らないわけですよ。これから有名になっていく企業さんなので


 

だからまぁ、そういう企業ばかりですと、ICOというのが目的のカンファレンスになってしまうので、私どももっと広い視野でね。皆さんに知ってもらうため、一大フェスティバルとい形でやりたいと思っているので、そいうった企業さんにも来てもらってというようなことを考えています。


 

わっかりました〜


 

なかなか楽しみな12月8日は皆さん空けておいてくださいと。ぜひ幕張メッセまでということで


 

はい。そうですね。年末忙しくなるちょっと手前ですからね。今年最後の一大イベントとして受け止めて頂いて、参加して頂けるとありがたいです。


 

はい。では、今日はね。ICOCROWDの足立編集長に第1回ということで出て頂いたんですが、出来たら第2回、第3回とこういう対談形式でカンファレンスの進捗状況などをまた撮らせて頂けたらと思います。


 

足立編集長、またよろしくお願いします。


 

よろしくお願いします。


フィンテック&ブロックチェーンカンファレンス in 東京 2018

ブロックチェーンカンファレンス 幕張
今年のテーマは「地球環境をブロックチェーンが改善する」
幕張メッセで、5,000人規模!参加企業200社で有名ところも参加予定!

 

チケットの先行販売(2,000円)はこちら。(110円は決済手数料です。)

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top