CROSSexchange がIEOの取り扱いを開始!

CROSSexchange がIEOの取り扱いを開始!

CROSSexchangeが取引する度にもらえるXEXが上場し、まだ5ヶ月。

 

その躍進ぶりは、暗号資産の業界でも目を見張るものとなっております。

 

動きが速い暗号資産の業界ですが、CROSSexchangeはIEOのプラットフォームを開始します。CROSSexchangeは有望なプロジェクトを集めサポートしており、今回は独自のIEOプラットフォームでそのトークンを販売します。
CROSSexchange IEO

 

「CROSS exchange Launchpad」というプラットフォームでIEOはおこなわれます。

 

IEOはICOに代わり注目を集めているプロジェクとの資金調達法です。

 

 

IEOの利点

IEOは取引所がプロジェクトの資金調達をおこなう方法です。

 

ICOは資金をプロジェクトが調達し、それをどこかの取引所に上場します。

 

上場できるかどうかは、プロジェクト次第という部分もあるのが現状。

 

どこの取引所に上場するのか?という所は、ホルダーは気になる所ですね。

 

その点、IEOは取引所がプロジェクトの代わりにトークンを販売します。

 

当然、取引所の信用も関わってくるでしょうし、ICOで見かけた疑問符がつくようなプロジェクトと一緒に何かをやるというのは考えづらいです。

 

取引所そのものが、疑問符がある場合は別ですがしっかりと活動をしている取引所がおこなうIEOはICOに比べて信頼できるのではないでしょうか。

 

信頼というのは、トークンの価格が上がるという事ではなくプロジェクトとして、トークンとして見た時にあらかじめ取引所が精査しているという事です。

CROSS exchangeのIEOは他とどう違うのか?

CROSS exchangeのIEOが他と違う所は独自で発行しているトークン「XEX」で参加できる部分です。

 

取引する度にもらえる「XEX」というトークン。
CROSSexchange IEO
CROSS exchange自動で取引してもらえ、マイニングできるトークンですが、本日の価格は約16円となっております。

 

このXEXは購入もできて、自動取引でマイニングする事ができます。

 

自動取引でXEXをマイニングし、それをビットコイン⇒円にする事もできますし、IEOで使う事もできるという良い循環ができていますね。

 

CROSS exchange の登録はこちら
https://www.crossexchange.io/cross/vip/ja09?invite=1OSjgevO3t0

 

 

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top