CROSS exchangeの新しいサービス・クイックバイ(QuickBUY)

新しいサービス・クイックバイ(QuickBUY)

取引マイニングで得る事ができるXEX(ゼックス)。

 

CROSS exchangeの独自トークンであるXEXは将来性なども加味し、注目され続けています。

 

CROSS exchangeの多くのユーザーが取引マイニングでXEXを得ており、取引マイニングについて、投資家の間でもSNSなどで拡散されています。

 

CROSS exchangeの発信⇒投資家の拡散

 

理想的な流れができています。

 

そのCROSS exchangeが新しいサービスを始めました。

 

その取引マイニングに、さらに参加しやすくなるサービスがクイックバイ(QuickBUY)です。
CROSS exchange クイックバイ

 

 

 

クイックバイ(QuickBUY)の手順は下記の通りです。

4手順で完了します。
CROSS クイックバイ 手順

 

@BTCもしくはUSDTを選択
Aマイニングプランを決める(30日、60日、90日)
B数量を入力
CXEXをクリック

 

この手順で簡単にXEXを購入する事ができます。

 

まだまだBTCやETHに比べて取引量は多いとは言えないXEXですが、需要は多いです。

 

そのXEXの価格は日本円にして、本日の価格1XEX15.84円となっております。

 

CROSS クイックバイ 手順

 

0.003633BTCこれがXEXの価格で、これを日本円に変換すると1XEX15.84円となります。

世界を見据えた取り組み

CROSS exchangeは世界最大手のバイナンスを意識して活動しており、それは夢とは考えていないようでバイナンスを追い抜くつもりで活動しています。

 

世界を見据えた取り組み。ここが日本の取引所とは違う部分ではないでしょうか。

 

絶対が無いセキュリティーにも力を入れているのがCROSS exchangeです。

 

ログイン時のIPアドレスが違った場合は、普段と違うIPアドレスでログインされた事をユーザーにメールで配信。

 

トークンの管理は世界基準。

 

ハッキングで狙われるのはホットウォレットですが、CROSS exchangeはホットウォレットとコールドウォレットを分別し、ユーザーの資産を管理しています。

 

そしてマルチシグを採用。これは、複数人の署名が必要なもので、セキュリティーとしては今できる最前線の仕様となっております。

 

資産の量も、毎日照合し数が合っているかの確認もされています。

 

管理は24時間365日の体制で、外部のセキュリティー会社も関わる事で二重の監視を実現しています。

レバレッジ取引が間近に

そして、いよいよ注目のレバレッジ取引も予定もされています。

 

こちらは現物の板を見て、レバレッジ取引ができるようです。

 

日本の取引所が自主規制としてレバレッジを4倍などに引き下げる中、海外に拠点があるCROSS exchangeはレバレッジが何倍までかけられるのか?

 

このレバレッジ取引には注目です。

 

こハイレバレッジを推奨するわけではなく、今までのレバレッジで取引できなくなったトレーダーが、海外を拠点にする可能性があります。

 

必然的にCROSS exchangeもその選択肢となりえますので、取引所自体が盛り上がる事が予想されます。

 

4月に発表予定のレバレッジ取引に期待が集まっています。

 

CROSS exchangeへの登録はこちら
https://www.crossexchange.io/cross/register?invite=1OSjgevO3t0

 

 

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top