抑えておきたい暗号通貨海外取引所。

抑えておきたい暗号通貨海外取引所。

抑えておきたい暗号通貨海外取引所

6月19日無料メルマガより

 

運動不足の為かなりの距離を
ウォーキングしましたが、途中で雨が…
も〜やんない。


どーも。畑中です。

本日はこの暗号通貨海外取引所は抑えておいた方が良いよってところをご紹介します。

 

 

これセミナーで回ってると結構聞かれるので。

 

 

まず、日本の暗号通貨取引所開設ありきで話しますね。

 

 

日本の取引所は1つは開設しておいてください。
円から始まり円で終わる事が出来るのは日本の暗号通貨取引所しか無理です。

 

 

「なんで?」

 

 

簡単に言えば日本円を認めてるのは日本だからです。

 

ネットになると何でもかんでも出来ると思い込む方もいるのでこれ覚えて置いて下さい
海外で日本円払っても、

 

「What?」

 

で終わるのが理解出来れば上記も理解出来ます

 

 

今後暗号通貨がどんどん普及されるとどうなるかは未知数ですが、フィアット化するのはまだ今の時代では必須です。

 

・・て事で抑えておきましょう。

 

畑中は、コインチェックを使ってましたが、ハッキング事件後は、ビットフライヤーを使ってます。

 

 

理由は最大だからって簡単な理由で深い意味はありません。
ビットフライヤー開設マニュアルはこちら
http://bigman.xsrv.jp/menber/cf/sjw

 

 

暗号通貨取引所は現段階で11388の数があります。
ただピンからキリまであります。

 

 

ある暗号通貨取引所なんかはお金さえ支払えばどんなICOでも上場させてしまうって事を聞いています。

 

 

世の中金かよ!と突っ込みたくなりますが、最近のICOの流れとしてこのような事から上場させるのはそれ程難しくなくなりその反面おかしな案件でも上場してるって事ですね。

 

これポイントです。

 

なので、上場確定案件!なんてのに引っかからないようにして下さいね。

 

 

それでは海外の良い暗号通貨取引所は?
良い案件しか上場出来ない仕組みと流通量が大きい暗号通貨取引所に注目するべきです。

 

 

個人的に注目しているのは。

 

クーコイン(KuCoin)
バイナンス(Binance)

 

この2つの取引所は規模も実績もあります。
畑中も現在良く利用しています。

 

 

まぁ自分が扱ってる通貨が多いので。

 

 

ただこれらの暗号通貨取引所もコインチェックみたいにならないとは限りませんので万全のセキュリティーで挑まれて下さいね。

 

 

海外の暗号通貨取引所で日本語対応している所は今後日本語対応がなくなる可能性もあります。
日本語対応があるウチに開設されて慣れておくのも大切です。

 

 

これからもまだまだ良い案件が出ると考えています。

 

クーコイン(KuCoin)はこちら
http://bigman.xsrv.jp/menber/cf/d1sq21c

 

バイナンス(Binance)はこちら
http://bigman.xsrv.jp/menber/cf/dt1k

 

 

ご不明な点は暗号通貨カスタマーセンターをご利用ください。
http://bigman.xsrv.jp/menber/cf/x5c
*10日間無料お試し付き

畑中コーナー^^

7月のJobCoinツアーの詳細が出来上がって来ています。

 

これ楽しくなって思いっきり盛り上がりそうだぞー!

 

詳細はJAPANコミュニティをご覧下さい。

 

では今日はこの辺で^^

 

 

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top