アノマリーでビットコイン価格を探る

アノマリーでビットコイン価格を探る

アノマリー ビットコイン

12月19日無料メルマガより

 

「2019年を振り返り2020年を読み解く」
CRYPTO CROWDのコラム執筆が終了しました。

 

いつもの流れが何書こうかな〜 どっちにしようかな〜
って期間がかなり長く、書き出したら一瞬で終わると言う・・。

 

読んで頂けると嬉しいです^^
皆さんのお手元に届くのが年内、もしくは年明けのようです。

 

 


どーも。畑中です。

ビットコイン持ち直しましたね。
これは11月の節での反発です。

 

ここからはちょっとアノマリーに基づいてこれから少し未来を見たいと思います

 

 

アノマリーとは、投資用語の中では「経験則」の事を言います。
簡単に言えば、1月の日経平均は下がりやすいこう言う事をアノマリーと言います
間違ってたらすみません。自分自身の捉え方がそうなので。笑

 

 

て事でアノマリーで見たビットコインの動きですが年末年始は下げています。
これは春先まで続きます。

 

 

おい!お前売り持ってるだろ?
いや、もう一旦利確しました。
アノマリーでトレードはしません。
取り入れる事はしても、チャートに基づいて行いその中でアノマリー的に・・
程度です。

 

過去のチャートを見れる人は見て見て下さい。

 

今年で言えば記憶にある方も多いでしょう。
2月、3月くらいまで下げましたね。
ビットコイン終わるんじゃね?か!ってくらいの30万円台突入。

 

しかしここから春先から夏に向けて急騰し元気なビットコインが返って来ました

 

 

これはあれだけバブル崩壊、コインチェックや金融庁の厳しい引き締めがあった2018年にも同様に起こっています。流石に急騰は起こりませんでしたが、3月末に向けて底を打ちそこから上昇しています。

 

 

ではもっと前の2017年。
そうあのビットコインバブルと呼ばれた年です!

 

 

その年は流石にないでしょ?
いえいえ、高値をつけたのが12月中旬。
あれは異常でしたので止まらない買いが継続しましたがその前は?
やはり年明けはグズグズとした展開が続いてその後、春から上がり始めて夏、秋、そして最後に急騰しています。

 

 

完全一致などあり得ないですが、これらの内容を元にビットコインの経験則を元にアノマリーを出すと。

 

 

年始以降は少し弱いか動きがない状態になりやすいです。
そしてどの年も上げているのが畑中の誕生日時期! そんなのいらん?笑
4月から夏にかけてですね。

 

 

さて来年2020年は何があるでしょうか〜?
ビットコインが半減期を迎えます。

 

 

半減期なんて上がらないよなんて巷の噂がありますが、経験則はどうでしょうか
僅かとは言え経験則に基づくか、巷の上がらない噂に基づくは情報の取り方は自由ですが、この辺は注目したい部分ですね。

 

 

これ重要なのでまたはたなか部屋で動画にします。

 

て事で、じゃあ今は?
ですが、アノマリー的に大きく下げるかは別として「上げにくい」と考えてます

 

ただまた大きな上げは待っていると期待したいところですね^^

 

 

今日のはたなか部屋^^

投資と投機の違いって知ってます?
自分は結構前から言ってますが、投資と言うのは設備投資や人材投資など経営で必要となり資金のイメージです。

 

では投機は?
主に一般的に言われている投資がそれにあたります^^

 

毎日20時に公開されます。
「【 勘違い続出 】意外と知らない投機と投資の違い」
http://bigman.xsrv.jp/menber/cf/9inj

 

今日はこの辺で^^

 

 

YouTubeチャンネル・現在800名。
調子乗って1000名目指します(笑)
チャンネル登録ご協力お願いします。

 

暗号通貨情報局YouTubeチャンネルはこちら暗号通貨情報局YouTube

page top