痛みを避けるやり方でFXトレードでは伸びない

痛みを避けるやり方でFXトレードでは伸びない

損切り

7月19日無料メルマガより

 

今回はこのメルマガを読んで頂いた後に20時からのはたなか部屋をご覧頂くと
なるほど〜 となる内容ですので是非合わせてご覧下さい。

 

知らんけど。

 

 


どーも。畑中です。

暗号通貨カスタマーセンターにてのオーダーメイド講座を再開していますが、質問を見ていてなんとな〜く思うのが、目先の利益をなんとかしたい!

 

これ分かりますよ。
でもね。何の知識もなく市場に入ったらどうなるか?

 

”鴨がネギしょって来たぞー!”

 

ってなります^^;

 

比較的まだBTCFXの市場は素直に動くのでやりやすいですが、外国為替FXの方はプロでも鴨にされるくらいの心理戦、騙し合いが行われています。

 

なので、BTCFXを本気でされる場合は、痛み(損失)を覚悟してやるべきです。損失を避けるトレードは必ず崩壊します。

 

FXの良さはレバレッジをかけられると言うのもありますが、それよりも自分はショート(売り)で入れる事で利益を得るチャンスが増えると思っています。

 

ただここでごっちゃにしがちなのが・・

 


短期でロング(買い)で保有。

その後、価格が下落。

ビットコイン上がりそうだからそのまま継続して保有。

 

痛みを避けて、根拠のない保有継続だとトレードとは言いません。

 

もちろん、ここまで下がっても保有、ただこれ以上下がったら切るって始めに決めているのなら問題ないです。
じゃないとショート(売り)のチャンスも逃してしまいます。

 

痛み=損失

 

取引履歴がマイナスになるのは誰でも嫌ですよね。自分も出来れば避けたいですただトレード経験を積み重ねて理解したのが。。

 

ルール通りの損失は正義、ルールを破っての利益は悪

 

そんな発想でやっています。
この発想だと短期的に何度か損失を繰り返してもルール通りなら当然ですよね?
そして大きな流れで利益を得れば良いんです。

 

”物事はトータルで考える”

 

 

月単位、年単位なんでも良いですが、トレードは勝率よりも結局資産が増えていればそれで良くないですか?

 

 

まずはそこまで行くまでに痛み(損失)は付きものであると言う理解が必要です

 

 

損失を出すと否定された感が出ますし、人は否定を好みません。
でもルール通りの損切りを出した時は、否定するのではなく次のトレードに行く為のステップやある意味経費見たいな考えになると気分的にも前に進めます。

 

損失で言えば、一番痛いのが「機会損失」
1年前からBTCFX動画を毎朝配信し、セミナーを行ったりカスタマーセンターでも取引所の使い方についてサポートしていますが、これに気づき実行されて
いる方も増えています。
*投資助言はカスタマーでは行っていません。

 

 

痛みを恐れ機会損失に合うことだけは避けたいですね。

 

 

現在、IEOやら何やらありますが、全く目もくれず日々チャートと向き合っています。
理由は簡単。
プロにいじめられる前に分かりやすい相場のうちにビットコインを増やしておきたいからです。

 

畑中による暗号資産オーダーメイド講座。

 

お申し込み期間  
7月20日〜7月31日。← 既にお問い合わせ頂いていますので19日ですがOKです

 

お申し込み詳細はこちら
http://bigman.xsrv.jp/menber/cf/5vc0r

 

*その後1年間カスタマーセンタースタッフによるサポートあり

 

 

今日のはたなか部屋^^

上のメルマガの内容じゃないですが、本当にFXでは色々とやらかしました。
ただその頃の痛みあっての今じゃないかな?と思っています。

 

BTCFXでは絶対に鴨にならなように頑張りましょう^^

 

毎日20時に公開されます。
「アベノミクス相場で逆らい続けて得た教訓」
http://bigman.xsrv.jp/menber/cf/774

 

今日はこの辺で^^

 

 

現在673名。
調子乗って1000名目指します(笑)
チャンネル登録ご協力お願いします。

 

暗号通貨情報局YouTubeチャンネルはこちら暗号通貨情報局YouTube

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top