暗号通貨の知名度と保有率

暗号通貨の知名度と保有率

暗号通貨 知名度

12月18日無料メルマガより

 

昨日思いつきで始めたLINE@
参加して下さった皆さんありがとうございます

 

 

業界関係者の方も「登録したよ!」とメッセージを多数頂き・・

 

 

ちゃんとしないとヤベェなぁ・・ と思いつつもありのまましか出来ないから
ま、いっか

 

 

と数秒で開き直った自分がいます。笑

 

 

メルマガよりも頻度は高くなりますが文字数の制限があるのでどっちを選ぶかは〜

 

あなた次第!
LINE@ご登録はこちら
http://bigman.xsrv.jp/menber/cf/hrx

 

 


どーも。畑中です。

昨日のLINE@開始から学んだ事がありました。
冒頭では業界関係者の方々の事を書きましたが実はそれ以上に多かったのが

 

”知ってるけどよく分からない”

 

ご安心ください^^

 

このデータ見たらなーんだってなります。
2018年の5月に暗号通貨市場が大きい8カ国(米国、英国、ドイツ、ブラジル、日本、韓国、中国、インド)のインターネット利用者3万人弱を対象に行われました。

 

 

・「暗号(仮想)通貨を認識している」
⇒ 対象者の4分の3の人が認識をしています。

 

・「暗号(仮想)通貨を保有している」
⇒ 29000人のうち7%

 

 

なんとなくデータを見て頂くと分かると思うのですが、認識しているけど保有していないって人が多数なんですね。

 

 

そしてどちらも日本は上位にいます。
もちろん3万人弱と言う限られたアンケートからですがそれで言えばテレビの視聴率ってもっと少数から割り出してるって知ってます?

 

 

確かランダムで900世帯。
過去は600世帯だったとか。

 

 

そう言う意味合いではこの暗号通貨のデータもなんとなくって感じでは認識出来ますね。

 

 

さて結論何が言いたいかと言いますとこのメルマガを古くから読まれている方々はかなりの少数派にいるって事。

 

 

そして興味があるけどまだ踏み出せていないって方は同じような人が思いっきりいるって事

 

 

個人的には2019年は第二波が訪れると思っています。

 

 

その時しっかりと学んでも良いですし学ばなくてもいずれは社会に浸透していると思います

 

 

”駅の改札が変わったように”

 

 

今は誰かれ構わずピッピしてますね。
切符買って〜
駅員さんに見せて〜

 

なんて光景が珍しいです。
でもこれって当たり前の流れに乗ってたらそうなっていません?

 

それと同じように暗号通貨を知らなくてもいつかスマホで簡単決済、それにビットコインなどが入ってるってイメージです。

 

 

なのであまり難しく考えなくて大丈夫です。

 

ただ何故このような発信する人がいてそれを真剣に学ぶ人がいるのか?

 

 

”投資対象になるからです。”

 

 

「投資なんてした事ないからわかんな〜い」

 

 

例えばヤフオク。
あそこで購入するのもある意味投資。

 

・時間を投資
・購入方法を学ぶ
・予想より安くで購入

 

細かく言えば全く違いますが、時間をかけて資産を守ると言う観点は似てるかなと思います

 

 

では第二波に備えて何をするか!

 

 

良い情報をゲットしてください。

 

 

畑中コーナー^^

ICOCROWD主催のチャーリーさんの
セミナーが録画版もゲット出来るとか!?

 

地方の方、予定がある方はそちらでご参加下さい。

 

ICOCROWD年間購読者は1000円
一般の方は今なら3000円で参加可能です。
http://currypt-ico.com/l/c/0bmoUUPk/mrNEDURq

 

 

今日はこの辺で^^

 

 

現在227名。まだまだ貧弱チャンネル!!
チャンネル登録ご協力お願いします。

 

暗号通貨情報局YouTubeチャンネルはこちら暗号通貨情報局YouTube

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top