千里の道も一歩から!

千里の道も一歩から!

千里の道も一歩から

9月1日無料メルマガより

 

9月突入!
どんな月になるか?
楽しみですね。

 

 


どーも。畑中です。

本日は、昨日の内容の続き。

 

 

昨日の初心者を語る前に最低でもその分野の本を10冊は読んだ方が良いと書きましたがこれ中々実行難しいと言う人もいると思います。

 

 

てことはこう言う事ですよね。

 

 

初心者じゃなくてやってないだけ。

 

 

”千里の道も一歩から”

 

 

結局その一歩を踏み出していない可能性大。
一歩踏み出してもいないのにあれこれ考えだすと起こってもいない事態を妄想する。。
更にどうしようとネガティブになる・・

 

 

みたいな悪循環。

 

 

人間は頭で考えている事の殆どが起こらないと言われているようですが、確かに実際足を踏み出して歩いてみないと結局分からない事ばかりだと言うのは畑中自身痛い程分かっているのでこのような文章を書いています。

 

 

ビジネスにしてもそう、どの分野にしてもリサーチばっかで自分の尺度で物事を決めてしまう・・
リサーチは大事ですが足を踏み出さないとこれ非常に勿体無い事ですね。

 

 

ブロックチェーン技術が導入され更に広がると今よりも所得の中間層が減ると言われています

 

 

低所得層の底上げは行われるけどもしかしたら中間層でいる人が低所得層に入っている可能性も高いと言う事です。
更なる二極化が進むイメージです。

 

 

て事はその逆のステージに行く人もいると言う事ですね。

 

 

今度書きますが、会社組織自体が不要。
そんな時代に突入しています。
もちろん全てではないですが周囲を見る限り着実に進んでいます。

 

 

 

事務職やなんなら組織の代表の管理職。
この辺は簡単に合理化されてしまう時代がすぐそこに迫っていると言う事です。
確かに管理職が人である必要はないですね。

 

 

スマートコントラクトの活用で済む話です。

 

 

そんな時代が来た時、自分達は何をしているか?

 

 

準備は必要ですね。
と言う事でやりたい事について ”本気” で取り組んでおきましょうって事です。

 

 

暗号通貨が一気に広まったのは記憶に新しいですよね。
サトシナカモトが論文を出したのが2008年。
10年足らずで世界各国が注目する存在になりまだ初動ですが広がりを見せています。

 

 

急速に進化する時代が故に物事に固執しすぎずに柔軟に対応出来る頭でいたいですね。

 

 

このメルマガを読んでいる方はある意味次の時代の情報を素早く入手しているって事です。
後はそれぞれの行動。

 

 

暗号通貨業界と言う狭い枠ではなく、ブロックチェーン技術、量子コンピュータが皆さんの生活に直結し出すとあらゆる業界が進化します。

 

 

その時に何をしているか?
これを考えるのも面白いですね。
若者、畑中視点で言えば20代。
彼らは素早く行動に移している感じを受け時代を変えて行く存在になると思ってます。

 

 

おっさんも負けてられないですね。笑

 

 

日本で言う20代=上司の指示を受けて動く存在。。
そのようなスタンスで若者を一括りすると逆に見切らる存在になる可能性があります。
彼らと話していると物事を変なフィルターにかけずに素直に判断する頭があります。

 

 

これは年齢が行くと無駄な経験が邪魔する事があります。

 

 

ブロックチェーン技術。
今後あらゆる業界が進化して行くでしょう。
その時に一歩踏み出している人は各業界の新時代を築く存在になっていますし、実際にそのような人は生まれています。

 

 

まずは自身が真剣になりたい分野を学ぶ。

 

 

その業界の本を10冊も本読んでないのに多くを語るなって事ですね。

 

 

読書の秋!
自分も実行しよ〜 っと。

いよいよ開始間近!
世界初レバ500倍!取引所。

 

「BITGAIN」

 

畑中なりに完全分析しています。
まずはこちらをご覧下さい。
http://bigman.xsrv.jp/menber/cf/0ey7im

登録は自由、取引は自己責任。
もちろん自分もそのつもりです。
*今後登録出来なくなる可能性があります。

 

 

畑中コーナー^^

BTCFX動画のメール希望者の方で設定を
している方がいました。。。

 

原因は分からないですが届いていない?

 

そんな方もいるかも知れません。

 

希望される方、届いてないぞ!って方はメール下さい。
angou@bigmanwave.com

 

では今日はこの辺で^^

 

 

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top