日本人があまり知らない中国の快進撃

日本人があまり知らない中国の快進撃

中国の快進撃

8月30日無料メルマガより

 

レバ500倍のバグ探しを行なっております。
自分の感覚上、月末スタートは厳しいかも?
勝手感覚ですので正しい情報ではありません。

 

 


どーも。畑中です。

昨日Uberの記事を書いたらそれを読んだ中国在住の知人が色々と教えてくれました。

 

 

海外で活動している人たちはかなりの確率で中国の凄さを教えてくれます。

 

 

ただ、日本のイメージ(自分感覚)では中国は、爆買いやパクリ連発。
怒ったような勢いで話す事から

 

 

「マナーの悪い国の人達」

 

 

もちろんあくまでも日本人全員に聞いた訳ではないですが人件費やコスト面でも安いイメージの国なので少し雑な国と言うイメージを持つ方が多いかなと思っています。

 

 

そんな中国は世界で快進撃を見せています。
知人があるデータを見せてくれました。

 

 

欧米メディアがつかめていない中国の情報がたくさん眠っているとの事。。

 

 

欧米がつかめていないのに日本がつかめているか?は正直疑問ですね。
なので日本もつかめていないだろうと言う前提で書きます。

 

 

”ユニコーン企業”

 

 

この言葉を耳にした事はありますか?

 

 

ユニコーン企業には条件があります。
以下の4つの条件をご覧下さい。

 

 

・創業10年以内
・評価額10億ドル以上
・未上場
・テクノロジー企業

 

 

まとめると評価額10億ドル以上の未上場の企業と言う事です。

 

 

飛ぶ鳥を落とす勢いの企業って事ですね。
ユニコーン企業のイメージってどうしてもアメリカが先行しがちですがこれは違うようです。

 

ユニコーン企業の数ですが
アメリカ 121社
中国   76社

 

のようです。

 

 

あれ?アメリカがやっぱり多いやん。
しかし実は報道されていない眠っている企業が多数あるようでそれを合わせると・・。

 

 

中国   191社

 

 

となるようです。
中国はキャッシュレス社会や自動化など力を入れており、無人コンビニなどもあると聞いています。

 

 

暗号通貨に関しての規制は相変わらず入っているように報道では見え普通に捉えれば
あ、中国否定的なんだなと思われがちですが
自分の考えは違います。

 

 

”国を上げて何かを考えている”

 

 

このように感じています。
ただこれはあくまでも推測です。
ブロックチェーンに関しては前向きなのでどちらにしてもいずれは、面白い形で市場に大きなインパクトをもたらすと思います。

 

 

これこそ知らんけど。ですが(笑)

 

 

以前暗号通貨企業が集まるパーティーでNEOと言う暗号通貨企業のメンバーと話をした事がありますが、他国の人達に比べ非常に物静かな大人しい方々でした。
質問にも日本語が出来るメンバーも揃えており的確に答えてくれ日本の市場は興味深く捉えているとの事でした。

 

 

そこにある意味不気味さも感じましたがNEOは今でもランキングの上位にいますね。
8月30日現在 NEO15位
コインマーケットキャップ調べ

 

 

暗号通貨と言う狭い軸ではなく世界を変える国と言う意味では今後も注目して行きたいですね

 

 

爆買い客は騒がしいですが(笑)

 

 

いよいよ開始間近!
世界初レバ500倍!取引所。

 

「BITGAIN」

 

畑中なりに完全分析しています。
まずはこちらをご覧下さい。
http://bigman.xsrv.jp/menber/cf/0ey7im

 

登録は自由、取引は自己責任。
もちろん自分もそのつもりです。
*今後登録出来なくなる可能性があります。

 

 

畑中コーナー^^

今日もですが、移動時間が長い時いかに有効に過ごすか?

 

この積み重ねって大事ですよねー。

 

新幹線に乗ってる間に散髪出来ないかな?
なんて考える今日この頃です。

 

では今日はこの辺で^^

 

 

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top