国が暗号通貨を発行すると

国が暗号通貨を発行すると

国が暗号通貨

8月25日無料メルマガより

 

丸亀製麺のちょい飲みがお得と話題です!
飲み放題30分付きでうどんやお惣菜などついて来てなんと1000円!

 

 

これはいかねば!と奮起してお店に到着。
やってね〜 ^^;
*店舗によって異なります。

 

 


どーも。畑中です。

さてそろそろICOCROWDのコラムに取りかからないと中々の強敵です・・

 

デジ通は、ありのままで書いているのですぐに終わるのですが少しお勉強が必要なのがICOCROWD。。

 

ありのままと言うのはこのメルマガのように思った事を一気に書くと言う事です。

 

 

今回はICOCROWDで書こうかなと思っている内容をちょっとこちらで小出しにします。

 

各国が暗号通貨を取り入れるか?
についてです。

 

なんと言っても注目すべき国がスウェーデン。
世界最古の中銀のスウェーデンですが、スウェーデンでは2018年末までに暗号通貨「eクローナ」を発行するかの可否を決定すると報じられ導入濃厚とも言われてます

 

次にエストニアはエストニアコインを目指していましたが、ヨーロッパ中央銀行のトップ、Mario Draghi氏と地元の銀行から批判を受け計画の縮小となっています。

 

ただこれは紙幣の始まりにも似ており、始めは否定的な意見が多く中々前に進まなかったのに一旦導入が始まると、私も僕もと次々と導入されて行きました。

 

 

”日本も十分にあり得る”

 

日本では三菱東京UFJ銀行がブロックチェーンを使い独自の「MUFGコイン」を発行しようとしています。

 

暗号通貨に否定的なイメージの銀行ですが積極的にカンファレンスなどに参加しているところもあり、この時代の移り変わりに対応しようとしているところも多くあります。

 

これは国であっても同じ事です。
日本がどうか?は不明ですが、やはり今の流れを軽視するような国ではないと思います。

 

 

国が暗号通貨を発行すると非中央集権ではなくなりますが、自分は便利な世の中になるのであればそのステップは賛成です。

暗号通貨カスタマーセンターを中心に以下の
事を始めようと思います。(思いつきw)

 

・カスタマーちゃんねる
・リアル雑談会(勉強会ともいう)

 

また決まり次第カスタマーで配信します〜

いよいよ開始間近!
世界初レバ500倍!取引所。

 

「BITGAIN」

 

畑中なりに完全分析しています。
まずはこちらをご覧下さい。
http://bigman.xsrv.jp/menber/cf/0ey7im

 

登録は自由、取引は自己責任。
もちろん自分もそのつもりです。
*今後登録出来なくなる可能性があります。

 

 

畑中コーナー^^

夏休み最後の週末。。

 

恒例イベント24時間テレビの日ですね。

 

しかーし!
裏番組に強敵がいます!

 

クリプト王に俺はなる!
ならんけど。

 

では今日はこの辺で^^

 

 

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top