おもんない状況下だからこそ学ぶ!

おもんない状況下だからこそ学ぶ!

おもんない状況

8月17日無料メルマガより

 

本日から東京入り。
お盆休みの影響は新幹線はあるかな?
と思って覚悟はしていましたが新幹線はガラガラ。ラッキー。

 

 


どーも。畑中です。

さて今年は大暴落に始まりイマイチ乗り切れていないと言う感じの暗号通貨市場。

 

 

2017年真剣に学ばれていた人も離れていく人もいるでしょうね。

 

 

理由は

 

 

”おもんないから”

 

 

なんか、一発屋芸人みたいになってますねw

 

 

やはりあれだけ値動きした2017年を見たら今年の市場はつまらなさを感じるでしょうね。

 

ただその反面ニュースはどんどん出て来ていてブロックチェーンを取り入れますって企業が日々ニュース記事になるくらい賑わってます。

 

 

・・てことはこれって

 

 

”ほんとにおもんない状況?”

 

 

ここを客観的に考えて見ると変わって来ます。
更に言えば、短期視点のみで物事を見るのではなく、中長期的な視点で物事を読み解くとこの業界はどうなって行くのか?
その為には何をしておけば良いのか?
などそれぞれの課題が見えてくると思います。

 

 

最近トレード配信をしていますがこれも一つの学びです。

 

 

今まではICOを追いかけていたけどそろそろチャートを学んでおこうなんて考えもアリです

 

 

数日で大きく下落していたイーサリム。
創業者の一人であるルービン氏がBloombergにこのような発言をしています。

 

 

「バブルはここで終わりではなく、必ずまた去年より大きなバブルが来ると思う」

 

 

嬉しくなるニュースですね。
ただこれはあくまでも予想に過ぎません。
このようなニュースのみで投資をする人は悲観的なニュースでの下落に対しては見て見ぬふりをしていると思います。

 

 

なぜ分かるのか?

 

 

FXトレード時代に自分自身が何度もニュースに一喜一憂してやらかしたからです。笑

 

良いニュースで期待して買う。
悪いニュースで見て見ぬ振り。

 

結果・・
損失が溜まって行く こんな感じでした。

 

 

ここで更に見るとしたら気になるニュースを知った時にチャートがどのような形状なのか?

 

 

今までにチャートの節目の際に出たポジティブなニュース、ネガティブなニュースはかなりの確率でブレイクのキッカケになっています。

 

 

チャートを学ぶとニュースにプラスαして見えてくる視野が広がります。

 

 

ただ〜し。
これらを学んですぐに成果が出る程世の中甘くないです。
取引量や見ているチャートの足によっても変わって来ます。

 

ただある程度は分かるようになります。
分かったら分かったでニュースとチャートを完璧に先を読めてたのにクソ!って事がこれから何度も来ます。

 

 

あの時買っておけば良かった〜
思った通りに行ってる〜

 

 

こんなのが繰り返されます。
これの対策はまた書きます。

 

 

今後これらに対して情報が多く発信されてくると思います。

 

無料のものもあれば有料のものも。
FX時代、有料ツールを買い漁った経験としてアドバイス出来るのは。

 

「コレと思った内容のみで学ぶ」

 

まずはそれに対して自分が向き合い続けるのが大事です。
情報商材を買い漁ってノウハウコレクターにだけはならないで下さいね。

 

 

「コレを買うだけで億り人!」

 

詳しくはこちら
⇒ や・め・て・お・け・笑

 

 

こんな感じの情報が出る事は歴史から自分は感じています。

 

 

株が流行った時もそう。
FXが流行った時もそう。
なんならメルカリ、オークション、不動産。。

 

 

全部似たような感じですね。
おもんない状況下だからこそ地味に学ぶのも案外近道かも知れません。

 

 

8月25日開始
世界初レバ500倍!取引所。

 

「BITGAIN」

 

アフィリエイト兼取引所登録はこちら
http://bigman.xsrv.jp/menber/cf/97

 

登録は自由、取引は自己責任。
もちろん自分もそのつもりです。
*今後登録出来なくなる可能性があります。

 

 

畑中コーナー^^

駅やお店のトイレでトイレットペーパーが三角になっている時なんとなくラッキー感を感じます。

 

 

あれは、掃除終わりましたよって合図なので間違っても個人でトイレを利用した際にご丁寧に三角折りするのはやめましょう。

 

 

畑中のようにやった? ラッキーやん〜
って喜んでいる人もいますのでw

 

 

では今日はこの辺で^^

 

 

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top