ソフトフォークとは?

ソフトフォークとは?

ソフトフォークとは

皆様こんにちは。
暗号通貨初心者ナビゲーター菊池です。

 

今回はソフトフォークについて解説していきます。

 

2017年にスケーラリビティーの問題(取引の承認が遅い)から、ビットコインのソフトフォークがあるかも知れないと、話題になりました。

 

毎日のようにニュースにはなりましたが、結局は中止(延期)。
では、このビットコインのソフトフォークとは何なのか?
これは一言で、ビットコインをバージョンアップさせる事です。

 

ソフトフォークをしよう、となった経緯として「取引の承認が追いつかない」という問題がありました。

 

「取引の承認をするデータを圧縮して、一度に多くできるようにしよう」というもの。

 

中止とはなりましたが、このソフトフォークはSegWit(セグウィット)という名前でした。

 

これは台風に名前がついているようなもので、ソフトフォークの内容で名前が変わります。

 

ビットコインをバージョンアップさせるという事に関しては、スマホのアップデートのように良い事にしか見えないかも知れません。

 

しかし、反対派も出ました。

 

 


大きな理由は2つ。

バグの問題がクリアーにならなかった

これは通貨として使われている以上、ビットコインにバグがあっては大変な事になります。

 

マイナーが反対した

マイナー=マイニングをする人です。
なぜマイナーが反対したのか?
反対の理由は下記の通り。
ビットコインがバージョンアップする

今のマイニングマシンでは、マイニングができなくなる

新しくマイニングマシンを開発するか、購入することになる

大きなコストがかかる

安泰だった収益が無くなる

 

という流れになります。

 

こういう出来事からビットコインの「非中央集権」という考え方ではなく、「マイナーの中央集権化」になっているのではないか?

 

という意見もあります。

 

今回は以上です。

 

関連記事→ハードフォークとは?

 

 

暗号通貨初心者ナビゲーター菊池に質問してみる

 

暗号通貨初心者ナビゲーター菊池 お問合せ

暗号通貨初心者ナビゲーター菊池へのお問合せQRコード

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top