暗号通貨、販売所と取引所との違い

暗号通貨、販売所と取引所との違い

暗号通貨、販売所と取引所との違い

皆様こんにちは。
暗号通貨初心者ナビゲーター菊池です。

 

今回は、暗号通貨の販売所と取引所の違いについて解説していきます。

 

日本円を暗号通貨にする時は、販売所や取引所を使います。

 

日本円を暗号通貨にする流れは「暗号通貨の購入方法」をご覧ください。

 

では、この販売所と取引所、何が違うのでしょうか?

 

販売所の特徴は決まった価格で確実に、暗号通貨の売買ができるのが特徴です。

 

例えば、1BTC(ビットコイン)を80万円で購入できるとします。

 

2BTCを購入するには160万円、3BTCを購入するには240万円という計算。

 

取引所に比べ買うときは高く、売る時は安いですが、値札があるようなものですから売買が簡単です。

 

これを中古の腕時計を買いたい、売りたいに例えると。

 

販売所は、リサイクルショップに似ています。

 

リサイクルショップは腕時計をなるべく安く買いとり、高く売る。

 

この差額が利益になりますね。

 

 


一方、取引所での売買は、相手がいて成立します。

1BTCを80万円で買いたい人、売りたい人がいれば取引成立。

 

相手がいなければ取引が成立しません。

 

ここの部分は、少し慣れが必要な部分です。

 

取引所で暗号通貨を売買するメリットは、価格差が少ない事。

 

中古の腕時計で例えると、ネットオークションやフリマアプリのイメージです。

 

リサイクルショップより割安で買えて、割高で売れる。

 

確実に売れるとは限らない、他の出品者と価格差が少ない部分も似ていますね。

 

この販売所と取引所、どちらもあるのがビットフライヤーです。

 

今回は、以上となります。

 

 

暗号通貨初心者ナビゲーター菊池に質問してみる

 

暗号通貨初心者ナビゲーター菊池 お問合せ

暗号通貨初心者ナビゲーター菊池へのお問合せQRコード

畑中節で日々メルマガを配信中!

コアな読者から投資のバイブルとして好評を得ています。

 

暗号通貨情報局の無料メルマガ登録

お名前
メールアドレス

 

畑中真琴.com

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top