分散型取引所・DEXとは?

分散型取引所・DEXとは?

分散型取引所 DEXとは

皆様こんにちは。
暗号通貨初心者ナビゲーター菊池です。

 

今回は「分散型取引所」について解説していきます。

 

暗号通貨取引所、これは仕組み的に大きく2つに分ける事ができます。

 

一つはビットフライヤーなど企業が管理する取引所。

 

もう一つがこれから解説させていただく、分散型取引所です。

 

分散型取引所は「DEX(デックス)」とも呼ばれています。

 

では、散型取引所とはどういうものか?

 

ビットフライヤーのようにオフィスはありません。ブロックチェーン上で全てのやり取りをします。

 

どこにあるの?という部分に関してはブロックチェーン上となります。

 

ビットフライヤーなどは

 

「店舗のある銀行」

 

分散型取引所は

 

「ネット銀行」

 

のイメージです。

 

 


分散型取引所のメリットは

・ハッキングリスクが低い

 

これは、ブロックチェーン上で全てのやり取りをするためです。

 

売買の注文、キャンセル、入出金。

 

すべてがブロックチェーン上で行われ、その履歴はブロックチェーンに記録されます。

 

ハッキングを銀行強盗に例えると、店舗がある銀行は銀行強盗が来るリスクがある。

 

ネット銀行だと低いと言えますね。

 

 

分散型取引所のデメリットは

 

・手数料が割高

 

これは人件費がない分、安いのでは?と思う所ですが実際は
割高です。

 

上記にもあるように、売買の注文、キャンセル、入手金をブロックチェーンの履歴に記録するためには、手数料がかかります。

 

売買の注文やキャンセルは、成立しない場合くり返す事もありますね。

 

その際の手数料は、時価(暗号通貨の値が動くため)となり、
注文、キャンセルを繰り返すと手数料が多くかかる事も考えられます。

 

この分散型取引所は、日本ではコインチェックがハッキングされた
事件以降、注目が集まっております。

 

これから使う人が増えるのかはわからないですが、
安全面を考えると分散型取引所を使うのも一考です。

 

今回は以上です。

 

 

暗号通貨初心者ナビゲーター菊池に質問してみる

 

暗号通貨初心者ナビゲーター菊池 お問合せ

暗号通貨初心者ナビゲーター菊池へのお問合せQRコード

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top