トークンエコノミーとは?

トークンエコノミーとは?

トークンエコノミー

皆様こんにちは。
暗号通貨初心者ナビゲーター菊池です。

 

今回は、トークンエコノミーについて解説していきます。

 

・トークン 暗号通貨

 

・エコノミー 経済

 

暗号通貨の経済。直訳ではこうなります。

 

もう少しわかりやすく変換すると

 

経済⇒経済圏

 

という変換もできます。

 

トークンエコノミーは「暗号通貨の経済圏」という意味なります。

 

 


暗号通貨の経済圏とは?

これは「日本円」の経済圏は日本。

 

Amazonポイントの経済圏はAmazonで使えるというイメージです。

 

そして暗号通貨の種類は沢山ありますが、トークンエコノミー(暗号通貨の経済圏)があるかが重要になります。

 

 

例えばビットコイン。

 

2018年7月21日現在のビットコインの状況は

 

・投資、投機として使える

 

・実際に買い物ができる

 

・暗号通貨の基軸通貨として、海外の取引所ではアルトコインとの交換に使われる

 

上記のようになります。

 

次にステラ(Stellar)。

 

ステラを開発した目的は

 

・銀行決済に特化した暗号通貨

 

・プラットフォームタイプなので、他の暗号通貨を開発する時にステラを使用することができる

 

となります。

 

ビットコインが作られたきっかけは「政府や銀行を介さない通貨」です。

 

一方、ステラは「銀行決済に特化した暗号通貨」となりますので、トークンエコノミーもビットコインとステラは違ってきます。

 

現在、暗号通貨は1600種類以上ありますが、この先、意味のある暗号通貨が残っていると言われています。

 

そのためにはトークンエコノミー、暗号通貨の経済圏が重要となってきます。

 

今回は以上です。

 

 

暗号通貨初心者ナビゲーター菊池に質問してみる

 

暗号通貨初心者ナビゲーター菊池 お問合せ

暗号通貨初心者ナビゲーター菊池へのお問合せQRコード

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top