BTCFX トレードで初心者の方でも おすすめ のチャートとは?

BTCFX トレードで初心者の方でも おすすめ のチャートとは?

 

こんにちは。畑中です。いつも毎朝配信しているYouTubeチャンネル内「BTCFX」をご覧頂きありがとうございます。

 

今回は、動画内で説明しているテクニカルチャートや使い方に関して説明して行きます。

 

動画では、説明の為にBitMEXを使用していますがBitMEXはチャートが使いやすいからです。
実際の売買は別の取引所も活用しながら行っています。

 

*現在BitMexは使い勝手が良いので、チャート分析のみに活用しております。
登録なしでもチャートの利用は可能です。

 

それでは早速進めて行きます。


 

 

 

BTCFXトレードの波がこれから来る理由とは!

BTCFX 波

皆さんはFXと聞いて何をイメージするでしょうか?
初めての方はさっぱり意味が分からないかも知れません。

 

少し投資をご存知の方は、外国為替FXをイメージするのではないでしょうか?
外国為替(外国為替取引)とは、日本円と米ドルなど、異なった2つの通貨を転換する取引を指します。この外国為替FX取引を含め株の取引がインターネット上で行えるようになったのはごく最近の事です。

 

一般の人でも馴染みが出て来て一気にブームとなりました。
その反面、レバレッジ問題や脱税など大きな問題点も生じ法規制も日々変化しました。

 

そしてその中から多くの情報商材やセミナーも登場し、有料メルマガなどでトレードを紹介する人達も現れました。自分自身の経験からこれは中には偽者も存在しており、有り余る情報の中本物に辿り着くにはかなりの時間を要しました。

 

外国為替取引所も多く立ち上がり、アフィリエイトなどもブームになりました。
口座開設で数万円と言う人気商品だったのも当時の外国為替FXの力の入れ具合、資金の動きの大きさが感じ取れます。

 

このような流れの中、現在では、外国為替FX多くの投資家から支持されている状態となっています。

 

BTCFXとはそれをビットコインを使って行う事を意味します。

 

もちろん既に始まっていますが、まだまだ市場規模が小さい中でのトレードですので非常に危険と言う声もあります。
ただこれはストップ(損切り)をしっかりとマネジメントして行う事で外国為替FXとあまり変わらない、いやそれ以上のパフォーマンスが出る内容でもあります。

 

冒頭でもお伝えしているように「BTCFXトレードの波がこれから来る」
これは、今までの流れからそうなるのではないか? と言う推測です。
2017年には外国為替取引所の頃のように、仮想通貨取引所のアフィリエイトにブームが来ました。
規制により、今は影を潜めていますが、この流れも似ています。

 

現在2019年5月ですが、暗号資産市場に資金が流れ始めています。
今までは個人投資家レベルの資金でしたが、最近では大口、企業などの資金が流れています。

 

これは、ビットコインを売買する投資家が増えそして市場に対して興味を持つ人達が増えていると言う事を意味します。

 

次に起こるのは何か?
ビットコインを売買してその鞘取りを狙う、FXですね。

 

もちろんリスクはありますのでその辺を十分理解した上、余剰資金で行うのがベストです。


BTCFXトレードで何故平均足を使うのか?

自分自身は、動画内で平均足を使いトレードしています。
これは、極論から言うと「自分に合っているから」ただそれだけです。

では、何故自分に合っている?と言う結論に至ったのか?
それも含めて平均足についてお話しします。

 

まず、大体どの取引所でもチャートは、ローソク足で表示されている事が多いです。

 

画像は、BitMEXのローソク足です。
BitMEXのローソク足

 

これだけだとざっくりでわからないと思いますのでもう少し拡大して見ましょう。
BitMEXのローソク足 拡大
どの部分がローソク足と言うのか?と言いますと赤になったり緑になったりしている部分、これを足と呼びます。

 

初めて聞く方には何の事かサッパリ分からないですね。
細かく知りたい方は色々と調べて見て下さい。
ただ価格の上下で出来上がった形と自分は認識しています。

 

BitMEXで言えば、緑色が買いが強め赤色が売りが強めです。
これは取引所によっては色が全然違います。

 

そしてこの足は時間によっても違います。

 

1分に1回確定する足=1分足
5分に1回確定する足=5分足

 


 

1時間に1回確定する足=1時間足
4時間に1回確定する足=4時間足
1日に1回確定する足=日足(ひあし)

 


 

これらはBitMEXでは画像の部分で選択可能です。他の取引所でも似たような場所にあります。
BitMEX

 

BTCFX動画では、基本日足と4時間足を用いて説明していますが、トレードをする時間やスタンスによっても変わって来ます。

 

さて、いよいよ平均足について。

 

ローソク足と平均足の画像を比べると分かりやすいですね。

ローソク足 平均足
BitMEXのローソク足 BitMEX

bitmexBITMEXの口座開設はこちら

いかがですか?
自分が平均足を使う理由は、「陽線(緑色)が続くと続きやすい」これを活用しています。
好みもあるでしょうが、トレンドが出ると視覚的に分かりやすいので冒頭にもお伝えした自分に合っているので使っています。

 

例えば日足で陽線が19日続いたとします。
これはかなり稀な例ですが、19日連続して上がり続けていると言う事です。

 

ただこれだけのトレンドは1年に1度来るか?来ないか?ですのでそれまでに陽線、陰線、また陽線・・ を繰り返す事が多いです。
揉み合いと言うのですが、方向感がない、もしくは探り合いの状態です。
ここでパワーが溜まれば溜まるほど大きく動き出した時に平均足が長く続くと言う事になります。

 

もちろん日足だけでなく、5分足などの短い足などでも同じような現象は毎日起こっていますので是非確認してご自身で色々と過去チャートを見て検証して見て下さい。
ただ、過去を見て想像するのは簡単、実際いざ目の前のチャートを見てやろうと思うと中々行動に移せないと言うのがトレードの難しさでもあり面白さでもあります。

BTCFXトレードで使用しているダイバージェンスとは?(MACD)

MACD(マックディー)とは、移動平均収束拡散手法と呼び短期の移動平均線と中期の移動平均線を用いて売買する際に使うインジケーターの一つですが、自分自身は売買の目安ではなくて使い方は、その中で出てくるダイバージェンスを利益確定ポイントとして使用する事が多いです。

 

余談ですが、チャートにインジケーターはいくつも存在しますし、色々な使い方がされています。
これを使えば必ず勝てるなどのインジケーターは存在しないと自分は考えています。

 

そうじゃなければ、これだけ複数のインジケーターが取引所画面に存在しません。
トレーダーはあらゆるインジケーターを使っていますし、その中の使い方も様々であると言う事を覚えておいて下さい。

 

これが良い、悪いではなくて自分に合うか合わないか?で自分自身は決めています。

 

さてそのMACDですが、まずは画面にてご覧下さい。

 

BitMEXでは、インディケーターと書かれている箇所の中にMACDがあります(赤線)
BitMEX MACD

 

チャート内では画面下部分がMACDとなります。
BitMEX

 

この画像を見ると赤い線青い線がありますが、赤線と青線が交わり、青線が上に位置する事を「ゴールデンクロス」と呼び
逆に赤線と青線が交わり、青線が下に位置すると「デッドクロス」と呼びます。

 

これをトレードで活用し、ゴールデンクロスになったら買い、デッドクロスになったら売りなど考えている人もいるようですが、自分自身はこのゴールデンクロスとデッドクロスはあくまでも目安として考えています。

 

何よりもMACDの使い方は、ダイバージェンスにあります。
ダイバージェンスとは、逆行現象とも言いますが、文章では難しいですのでこちらの比較画像をご覧下さい。

MACDも同じように高値を更新 MACDは右肩下がり
BitMEXのローソク足 BitMEX

 

1枚目の画像は平均足で高値を更新している時にMACDも同じように高値を更新しています。
2枚目の画像は平均足は高値を更新していますが、MACDはどうでしょうか? 右肩下がりになっていますね。

 

2枚目をダイバージェンス(逆光現象) と言います。

 

ダイバージェンスはどの時間足にも出現しますが、長い足の方が信頼度が高いです。
長い足と言うのは、日足や週足、月足などですがこれを探すとなると中々出現しません。
自分は、基本4時間足を見るようにしていますがこれもどの時間軸でトレードするかによって変わって来ます。

 

短い足でダイバージェンスを探して見る練習を繰り返すのも良いでしょう。
ただ長ければ長い足である程、信頼度が高いと言うのは覚えておいて下さい。

 

そして、ダイバージェンスでトレードをする方もいます。
買いでどんどん上昇している時に発生=売り
売りでどんどん下落している時に発生=買い

 

こちらは動画では推奨していません。
理由は、ダイバージェンスは利益確定の目役に適していると自分自身は考えており必ずしも反転するとは限らないからです。

 

ただどれがどう通用するか?と言うのは細かく統計を取った事のない意見ですので、この辺も色々と試して見るのはありですね。

BTCFXトレードで使用している水平線、節の使い方

最後は、水平線、節についてです。
ブル(Bull)とベア(Bear)と言う言葉を聞いた事はあるでしょうか?

 

ブル(Bull)は強気相場を意味し、ベア(Bear)は弱気相場を意味します。
ブル(Bull)とベア(Bear)
雄牛が角を下から振り上げる姿からブル(Bull)と名付けられ、熊が前足を振り下ろす姿からベア(Bear)と名付けられました。

 

外国為替FXでは、ベア相場を好んでされる方もいます。
理由は、下落は落ちるスピードが速いからです。
ただ現時点でBTCFXで言えば、ブルも同様にかなりの勢いで上がっていきますのでこの辺で言えば両者あまり変わりないでしょう。

 

ただ、ブル専、ベア専と言うプロのトレーダーも存在するようにどのようは状況でもロング(買い)しかしない、逆にショート(売り)しかしないと決めて相場を見る人もいます。
これは目線を同じに置く事で徹底的に一方向に対しての攻め時、逃げ時が見えると言う意味合いでも参考にしても良いでしょう。

 

さて水平線、節についてですがこのようなブルとベアの争いが行われている部分です。
要するに買いと売りがどちらも譲り合わずに徹底的にやりあっていると言うイメージです。

 

トレードは資金の奪い合いとも言われています。
買いが勝てば売りが負ける、売りが勝てば買いが負ける・・ そう言う意味合いではこの水平線と言うのは市場で誰もが注目するポイントですし、簡単にラインが引けますので徹底的にブルベアの争い部分をご自身でマスターされて見て下さい。

 

水平線の引き方は以下の通りです。

 

チャート⇒トレンドライン⇒水平線 これを選択です。
ブル(Bull)とベア(Bear)

 

水平線の引き方のポイントとしては、高値や安値を決めとにかくそこにラインを引いて見る事です。
そこからチャートを過去にさかのぼって見て見ると同じようなポイントで一致する事があります。

 

例としてこちらの水平線をご覧下さい。水色で引いた部分です。
水平線

 

これは、日足チャートでこの水色部分は一番左の安値がコインチェックハッキング事件の際の下落です。
2018年2月頃ですね。

 

実は、その後何度もこのラインを2018年は意識されていました。
そして最終的に下に抜け更に大きく下落しました。

 

この時に何があったのか?
これは、ビットコインキャッシュのハードフォーク問題です。

 

このように単なるラインのように見えますが、その時その時に必ず何かの要因があり下落、上昇をしていてそこに節があればブルベアの攻防があった上でどちらかが勝者になると言う形です。

 

この下落は2018年に何度もサポートされたポイントであるが故に落ちた際の下落は大きくなりました。
それは何故か?

 

踏ん張っていたブル(買い勢)が諦めた事、そして抜けたら売ると待ち構えていたベア(売り勢)が一気に売った事などが考えられます。

毎朝BTCFX動画を配信しております。

 

いかがでしたでしょうか?

 

これらの内容を元に毎朝BTCFX動画を配信しております。
是非、チャンネル登録してご覧ください。⇒ BTCFXの動画はこちら

 

 

ご参考:今回のご説明で使用しているチャートは、BitMEXです。
BitMEXはチャートが使いやすいですね。⇒ BitMEXの公式サイトはこちら

 

*現在BitMexは使い勝手が良いので、チャート分析のみに活用しております。
登録なしでもチャートの利用は可能です。

 

 

又、メルマガ登録されると日々の動画をメルマガにて文章付きで配信しています。
*売買を促す内容はございませんのでご了承下さい。
メルマガはその他、暗号資産情報も日々配信中です。
https://xn--fiqy04gnya36c.com/mailmagazine.html


 

 

BTCFXメルマガ登録

BTCFXのメルマガ登録

お名前
メールアドレス

既に無料メルマガに登録されている方で、BTCFXの動画配信自分も欲しいって方はいつでもメールください。
angou★bigmanwave.com
メール送信する際は、★を@マークに変えてください。

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top