MACDの見方 テクニカルチャート マックディーのメリットとデメリット

MACDの見方 テクニカルチャート マックディーのメリットとデメリット

MACDとは

「MACD」とは、テクニカルチャートの一つです。

 

MACDの読み方は「マックディー」と読みます。

 

ビットフライヤーのMACDはチャートの下の部分にあります。
MACD

 

 

黄色で囲った部分、チャート画面の下半分がMACDです。

 

拡大した写真です。
MACD

 

MACDの特徴としては

 

・実際の値動きに近い
・新しいデータで構成されている

 

という部分です。

 

構成されているのは、水色と薄紫の2本の線。

 

・水色がMACDライン
・薄紫がシグナルライン

 

MACDラインが、シグナルラインを越えた時がゴールデンクロス、買いのタイミング。

 

MACDラインが、シグナルラインを下に突き抜けた時がデッドクロス、売りのタイミングです。
MACD

 

 

クロスする時の角度が鋭角なほど、サインとしての信頼は高くなります。

 

このゴールデンクロス、デッドクロスが画面の上半分の平均足より少し早くわかるので、MACDで判断する人も多いです。

 

平均足と並行して見ると、とMACDが逆行している時があります。

 

これは「ダイバージェンス」と言い、トレンドが変わるサインとして
信頼は高いです。

 

 

MACDのデメリットとしては、レンジ相場に弱い部分。

 

レンジ相場では小さなゴールデンクロス、デッドクロスが多く出ます。

 

急激な変化にも弱く、ついていけない場合もあります。

 

 


BTCFXメルマガ登録

BTCFXのメルマガ登録

お名前
メールアドレス

既に無料メルマガに登録されている方で、BTCFXの動画配信自分も欲しいって方はいつでもメールください。
angou★bigmanwave.com
メール送信する際は、★を@マークに変えてください。

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top