中国が崩れる構図とカンボジア

中国が崩れる構図とカンボジア

カンボジア プノンペン

10月30日無料メルマガより

 

短い期間で、カンボジア内をあちこち動いています!

 

 


どーも。畑中です。

現在カンボジアに来ていますが、国内では見れない、ネットでは分かった気になってしまっている情報が多く現地にはあります。

 

 

自分の足で動いて目で見て確認する。
これは何を行うにも大切ですが、今回はカンボジアの現状を見ていますが、カンボジアは中国マネーが大きく入り込んでいますので中国の動向次第で今後の展開が変わって来ます。

 

 

さてこれからはどうなるのでしょうか?

 

 

本日の動画でも加藤さんと話していますが、カンボジアと中国はかなりの親密な関係です。

 

 

そしてその中国は、現在ご存知のように米中関係悪化。
悪化の歪みはカンボジア経済にも影響を与え始めているようで、この辺は更に来年あたり加速する恐れがあります。

 

 

カンボジアで自国として成り立っているとするなら観光の部分。
後は、軌道に乗ったカジノですがこのカジノもほぼ中国人のお客さんが圧倒的に多い現状ですのでこれも負の連鎖は予想しておく必要がありそうです。

 

 

このように米中問題はアメリカと中国だけの問題ではありません。
もちろんカンボジアだけが厳しい状態になる訳ではないでしょう。

 

 

日本にとっての影響も大きくなる事は安易に考えられます。

 

 

その時にどう行動するのか?
世界恐慌が近いと言われていますが、どこに火種があるか?
など知る必要はないかも知れません。

 

 

ただ一つ言える事は、自身が投資している資産は必ず守るべきという事。

 

 

今回カンボジアで加藤さんや現地の方に話を聞いても感じる恐慌の足音は感じておく必要があり、それに対しての備え、心構えも考えて見るべきです。

 

そして世界恐慌が起こったら何がまず起こるのか?
この辺は過去の事例で徹底的に学ぶ事も大切です。

 

 

チャーリーさんが年末にこの件でセミナーをされるそうです。
かなり多くの人が意識の片隅にはあるであろう、世界恐慌間近。。

 

無難に乗り切る術は投資家として身に付けておきたい知識ですね。

 

 

今日のはたなか部屋^^

カンボジアの注目ポイントは?
加藤さんと一緒に現地の方に聞いた話も含めて話していますので是非参考にされて下さい。

 

毎日20時に公開されます。
「注目のカンボジア今後どうなる?」
http://bigman.xsrv.jp/menber/cf/6uug

 

今日はこの辺で^^

 

 

現在740名。
調子乗って1000名目指します(笑)
チャンネル登録ご協力お願いします。

 

暗号通貨情報局YouTubeチャンネルはこちら暗号通貨情報局YouTube

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top