リブラプロジェクトから始まる本格的なデジタル通貨争い

リブラプロジェクトから始まる本格的なデジタル通貨争い

どーも。畑中です。

Facebookが中心となり始まっているリブラプロジェクト。

 

Facebook人口は世界で約24億人とも言われておりSNSの中でもダントツの驚異的な利用者数です。

 

 

さすが「GAFA」の ”F” を担うだけありますね^^

 

 

おさらいですが、GAFAとは世界を支配する4大企業。

 

 

G = グーグル(Google)
A = アップル(Apple)
F = フェースブック(Facebook)
A = アマゾン(Amazon)

 

 

さて24億とも言われるユーザーがFacebook内でオリジナルのデジタル通貨を流通させたらどうなるでしょうか??

 

 

これは当然Facebook内に留まらない恐れがありますよね。
他の企業と手を組んで、Facebookリブラ(仮称)で支払いますみたいになると世界の金融市場が大きく変わる事が予想されます。

 

 

この辺はもちろんG7でも牽制されていますが、リブラプロジェクトには多くの参加表明企業がありますが最近様子がおかしいです。

 

 

”リブラプロジェクトからの離脱“

 

 

これが相次いでいます。
PayPalを始め、マスターカード、ビザ、イーベイ、ストライプ、メルカドパゴと名だたる企業ばかりです。

 

 

てかこれだけの決済会社がリブラプロジェクトに入ってたのか!?
と改めて凄さを実感。
とはいえ現在は脱退しました。完全に政治的圧力でしょうね。

 

 

これから紙幣からデジタル通貨への時代に変わって行く事は間違いありません。
日本のキャッシュレスを見ていると感じている人も多いでしょう。

 

 

ただこの裏にはあらゆる利権が絡んできます。
国ももちろん自国通貨という特権を失ってたまるか!と言う勢いのところもあるでしょうし、逆に通貨不安で悩む国などで言えば、今こそ暗号資産で奮起だ!
と考えているところもあるでしょう。

 

 

そこに来て、Facebookなどの大企業が絡んで来るとどうなっちゃうの?
という話です。

 

この件は “暗号資産業界のお話“ としておさめるにはあまりにも規模が大き過ぎますね。

 

 

”世界の支払い基盤を変えるお話”

 

 

これがまさに始まろうとしています。
個人的にはビットコインや過去に参加したICOも盛り上がれば良いな〜 
程度に考えていますが、世界のお偉いさん達はそんなの関係ない!と目くじら立てて取り組むのでしょうねぇ。。

 

 

という事でリブラプロジェクトが発端となりようやく仮想通貨?デジタル通貨?
に火が付き始めました。

 

 

次回はこの覇権争いの中で完全に組んでいる二人について書きます。
多分前にも書いた気もしますが・・
GAFAの2つのAの登場です^^

 

 

今日のはたなか部屋^^

投資でもトレードでもなんでもないお話。
体力の衰えの勘違い。

 

本当に体力が衰えたと認めるのであれば若い頃にやっていたくらいの運動はするべき。。。

 

これ確かになー と思います。

 

 

毎日20時に公開されます。
「20歳過ぎてからの体力の衰えはほぼ思い込み」
http://bigman.xsrv.jp/menber/cf/txdds

 

 

今日はこの辺で^^

 

 

現在735名。
調子乗って1000名目指します(笑)
チャンネル登録ご協力お願いします。

 

暗号通貨情報局YouTubeチャンネルはこちら暗号通貨情報局YouTube

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top