キャッシュレス利権に食い込むにはまだまだ厳しい

キャッシュレス利権に食い込むにはまだまだ厳しい

キャッシュレス利権

10月4日無料メルマガより

 

いやぁ? ワールドカップおもしれぇ!
ラグビー行ってきましたが、アイルランドとロシア。

 

ここ外国ですか?

 

ってくらい観客が外人が多くアイルランドが圧倒的数。

 

と言う事で、アイルランド国家をノリだけで一緒に歌いいつもの片言で
異文化交流してきました。

 

 


どーも。畑中です。

増税に伴い一気にキャッシュレス化が進んでいますがこれキチンと理解している人どれだけいるかな?と思い今回は知って得する?お話。

 

 

増税反対!
キャッシュレス難しい!

 

 

と言ってもドンドン利権絡み(持論です)で物事は進んでいっていますので生きる術としては自分の身を守る、もしくは少しでも得する事をする必要はあります。

 

 

増税後に恐ろしい程複雑になっています。

 

キャッシュレス決済のポイント還元制度開始で実は税率が「五種類」あると言うのが現状です。

 

・税率10%:食料品以外を、大手百貨店・スーパーやキャッシュレス未対応の小売店で購入する場合

 

・税率8%:食料品を大手百貨店・スーパーやキャッシュレス未対応の小売店で購入するか、食料品以外をキャッシュレス対応のコンビニで購入する場合

 

・税率6%:食料品をキャッシュレス対応のコンビニで購入する場合

 

・税率5%:食料品以外をキャッシュレス対応の小売店で購入する場合

 

・税率3%:食料品をキャッシュレス対応の小売店で購入する場合

 

 

こちらを参考に買い物選びを変えて行くとお得ですね。
このキャッシュレスを進める裏側には色々となんだかな〜 と言った利権があると感じていますが、今回はそこはあまり触れません。

 

 

ただ現時点でビットコイン支払いがこの仲間入りになるか?
と言うと自分ならこう思います。

 

 

「はぁ?ビットコイン?今、忙しいねん。ちょっと黙っとれ!」

 

 

ビットコインなど暗号資産が入り込む余地はありませんね。
だって今は、カード会社が必死なはずですから。
そして導入を考える立場としても、何を非中央集権やら意味分からない事言ってるんだ!となるかなと思います。

 

 

商売をされている方は、消費増税でキャッシュレスを導入しないとお店が生きるか死ぬかの瀬戸際と言う事です。

 

 

ただ確実に国民のキャッシュレスは加速します。
先ほどの対応税率を見たら、嫌でも導入を検討しますよね?
なのでややこしい争いが起こりながらも広まって行くイメージです。

 

 

そしてその先にキャッシュレスが完全に広まりを見せた時にいよいよ暗号資産がちらつくのでは?と考えています。

 

 

その時はビットコインなのか?リブラがいよいよ登場しているのか?
もしくは暗号資産が潰されているのか?

 

 

まだまだ続きそうですね。

 

 

利権と書きましたが、結局はキャッシュレス化が国策なりましたが増税を上手に利用して強引に入り込んだ風に見受けられます。

 

 

キャッシュレスでのポイント還元は来年2020年6月。
その後は完全増税状態でしょうね。

 

 

そして気づけばキャッシュレスも広まり、増税も還元がなくなり10%・・。
更に言えば、キャッシュレスを導入した店舗もあれ?となるかも知れない事が起こる可能性があります。

 

 

長くなりそうなので次回に書きます。

 

 

とは言え、上記の還元は上手に活用して少しでも還元を受けるしか現状はないですね。

 

 

今日のはたなか部屋^^

歴史は繰り返される。
投資でも同様です。

 

株、為替、暗号資産・・ 
様々ありますが過去のパターンが活かせる事は無限大にあります。

 

全く知らないと言う方はまず知る事でリスクを抑える必要があリます。

 

毎日20時に公開されます。
「投資の歴史も繰り返されます。」
http://bigman.xsrv.jp/menber/cf/skw

 

今日はこの辺で^^

 

 

現在720名。
調子乗って1000名目指します(笑)
チャンネル登録ご協力お願いします。

 

暗号通貨情報局YouTubeチャンネルはこちら暗号通貨情報局YouTube

LINE@はじめました。暗号通貨情報局

LINE@始めました

 

このページをスマートフォンで閲覧されている方は、下の「LINE」マークをタップします。

LINE@友達追加

名前を確認し、「友だちリストに追加」をタップします。

page top